思考

FP&Aとは一体何なのか?〜その役割やメリットについて

こんにちはゲンタです。

 

今日はFP&Aとはそもそも何か?

について掘り下げて行きたいと思います。

 

なぜなら、fp&aの仕事を深く知ってもらうことで

この職種に興味を持つ人が増えたら良いなと思ったからです。

 

この記事をみているということは管理会計やfp&aに興味がある方だと思います。

 

これからの時代は経理マンはFP&A(管理会計)の仕事をやっていくことで、

実際に価値を生み出していく職種になるというのが自然な流れであることは間違いありません。

 

なぜなら、RPAやAIなどによりいわゆる財務会計の領域の仕事は少なくなっていくからです。

またこういう流れにより、本質的な価値創出に携わっているかどうかを

かなり厳しく問われていく時代となります。

 

財務会計が価値を生み出していないとは言いませんが、

可能な限り短時間で効率的にやっていき、

企業価値向上に貢献する活動にフォーカスしていくべきであるのは間違いありません。 

 

それに思考して価値を生み出せる仕事の方が断然面白くないですか?

 

そういう意味でFP&Aに興味を持っている人って、非常にセンスがいいな〜と思います。

(ちょっと前に僕も転職エージェントにこんな風に言われました。)

 

それでは早速行ってみたいと思います。

 

fp&aとは一体なんなのか?

 

fp&aはfinancial planning & analysisの略です。

もともと米国の企業で始まった職種で外資系の企業には大抵この部門があります。

逆に日系企業にはあまりない職種です。

 

その役割はこういうものです。

 

各ビジネス部門に対して、

経営者が必要なビジネスの判断に必要な分析を行う。

打ち手を一緒に考える。

打ち手の実行とその成果まで見届ける。

というような役割です。

 

ビジネスの現場に近く、

さらに経営陣と近くにいる財務マンっていうことです。

 

財務の人は結構、ビジネスの現場から遠くにいて

ゆったりと伝票起票をするのが好きな人が多かったりしますが、

そうではなくビジネスの現場に近くいる財務マンのポジションです。

それに経営者に対しても近くにいるのでコミュニケーション能力が求められます。

 

現場に近いということは、ビジネスで価値を生み出す現場に近いわけです。

 

ですから、価値創造に深く関われる可能性が高まります。

ないわゆる日系企業で言うところの経営企画室のような役割をも担っていると言えます。

 

当然ですが、一般的な管理会計の仕事もカバーします。

具体的には予算管理、見込み、予算策定、中期計画策定、チャネル別顧客別収益の管理などなど。

FP&Aをもっと具体的に説明します。

わかりにくくなってきたと思うので、

もっと噛み砕いて具体的に説明します。

 

FP&Aとは、
経営者がビジネスを判断するための分析を行い、

打ち手を提案実行をサポートして成果をモニタリングする人
です。

 

例えば、

FP&Aがいない中小企業で社長がいるとしますよね。

 

(経理部長)「今年の決算はこうでした。コストの差異表も科目別に出しております。」

(社長)「おい、今年は妙に物流費が高かったな。どうしてなんだ?」

(経理部長)「今年は売り上げの増加もありましたが、

       言われてみると売り上げ比率では上がってしまっていますね。」

(社長)「それじゃ、困るんだよ。おーい、物流部長。

     ちょっときてくれ。物流費が上がってるんだが、何故なんだ?」

(物流部長)「いやー、ちょっと分析してみないとわからないですね」

(社長)「コストの要因分析して、どうやったら来年売り上げ比率で

     2%下げられるかの打ち手まで考えておいてくれよ」

(経理部長、物流部長)「承知しました」

 

みたいな状況になるわけです。

 

これがFP&Aがいる会社だと、当然のように売り上げ比率分析を終えてあります。

さらに、どうしたら売り上げ比率を下げられるのか?の方策を物流部長と話おえてあります。

そして、社長から問われる前に物流部長と一緒に社長へ提案する。

さらに打ち手の実行も物流部長と一緒に社内外調整を行い、

実行の成果まで見届ける。

 

というような感じです。

 

 

ぶっちゃけ、僕が上場企業の本社経理にいたときに提案する機会なんかほとんどなかった

 

だって、
要求されることって、
ちゃんと決算やることだったり、
ちゃんと子会社管理することだったり、
ちゃんと送金手続きを行うことだったり、
ちゃんと税務申告を行うことだったり
でした。

 

で、それって超絶つまらんです。

いや、正確に言うとはじめてやるときはワクワクしてました。

キャリア構築上、ついにこの業務をできるようになったか
という観点からです。

 

ですが、やってしまうとこれらの業務って

 

 

退屈で退屈で

こんな退屈な仕事、3年間もやってられるかーーーーーーーー
人生は有限なんじゃーーーーー
付き合ってられるかーーーーー

と思っておりました。

 

で、
一方で、僕がワクワクしたのは
会社の利益に直接影響を与えることができたときです。

 

なんでかっていうと、やっぱり会社は金を稼ぐのが仕事なんで、
ここに影響を与えられると周りの見る目がめちゃくちゃ変わります。
(しかも、そんなに大して苦労しないで可能です)

 

 

仕入れ運賃コストを削減できたとき
保険コストを削減できたとき
人件費削減できたとき
無駄なコピー代を削減できたとき
無駄うち促進費を削減できたとき
人員を適切に移転できたとき
M&Aを成功させたとき
プロフィット部門から感謝されたとき
社長表彰されたとき
数10億円の利益インパクトを与える策を成功させたとき

 

こういうことって難しそうに見えて
意外とそれほどむずかしくないんですよ。

 

だから、こういうのやろうぜということです。
社長はこういう提案を求めてるんです。

 

で、こういうのをどうやってやるのか?

 

ただ、現状を視覚化してあげるだけです。
現状を視覚化しますよね?
で、社長に見せますよね?

 

そうすると、社長から指示がきます。

 

これとこれを比べろとか、このコスト細かくこうやって調べてみろ
とかいわれます。

 

で、やりますよね?

即コスト削減できてます。

 

そんなもんなんです。

 

ぶっちゃけFP&Aといっても特殊な技とかないんですよ。

 

視覚化するってのがポイントです。

 

書いてみる、細かく書いて、説明する。
それが本質です。

 

ですが、

念の為よくある教科書的なものにはどのように書いてあるのか?

をみていきたいと思います。

 

これらは基本的に視覚化の具体例です。これらだけに止まりません。

 

では

ここでfp&aの教材(英語)から

fp&aの役割について説明が書いてあったので、

日本語で書き出してみたいと思います。

fp&a10の役割

ちょっとかたっくるしいですが、あえてそのまま書き出します。

FP&Aの具体的な10の役割

 

1 会社の意思決定においてFCFを増加させるROIが高いビジネスジャッジかどうかを評価する。

 

2 会社の財務状況が健全かどうかをDebt to Equity RatioやCurrent Ratioなどによりチェックする。

 

3 チャネル別製品別の収益性分析を行い、何がNet Profitを生み出しているかをチェックする。

 

4 チャネル別製品別の収益性分析に基づき、会社がどのような行動をとったらより収益性を向上できるかの施策を作る。

 

5 コスト分析を行い、どの部署が会社のコストをどれだけ消費しているかの分析を行う。

 

6 予算策定をパッケージ化する。

 

7 各ビジネス部門長に対して意思決定支援のためのレポーティングを行う。

 

8 会社のビジネスを財務モデルに落とし込み、着地見込みの策定や会社の予算策定や将来像の分析に役立てる。

 

9 着地見込みを予算比較、過去と比較し、差異について説明をした上で、どのように改善すべきかを促す。

 

10 会社が成長するための機会や施策について提言を行い、リソースと施策についてい整理を行う。

 

というようなことをやるってわけです。

 

ビジネスに関わる数字の部分はなんでもっていう感じですかね。

なので、経理というよりも数字による定量分析によって経営判断に貢献するということになります。先ほども書きましたが、FP&Aとしてやるべきことはこれだけに止まりません。

 

あらゆるビジネスの視覚化・数値化、また打ち手の立案、実行サポート、成果の測定(=視覚化)を求められます。

fp&aの仕事やることでどんなメリットがあるか?

ビジネスの現場に近くいて意思決定を支援できるので

ビジネスとファイナンスを結びつけるセンスが磨かれます。

 

ですし、

ファイナンスの専門性も結果的に磨かれます

 

これは意外に思われるかもしれません。

 

大概のfp&aに関する説明においては

財務会計の専門性は別部門(financial accounting 部門)がやるから

fp&a部門はそこまで専門性が高くある必要はない。

っていうのが一般的な論調です。

 

ですが、

会計って出来上がったビジネス事象を記録するためのものですから、

それを事前に作り込むわけなので詳しくないとできません。

要はFP&Aが作った数字に沿って財務会計させるくらいのノリが必要なわけです。

これを実現するにはFP&Aは財務会計部門に負けない財務会計知識が必要だってわけです。

結果、これらの専門性が磨かれるってわけです。

 

M&Aなどもやりますしね。

 

僕はM&Aの専門家ではありませんが、これまで経験したM&Aから思うに、

いわゆるディールの専門家になってしまってはダメで、

やはりビジネスそのものを深く知っていること、

それと、ファイナンスの専門知識がある人がM&Aによって

価値を生み出せるプロデューサーになれると考えてます。

 

つまり、FP&AがこのM&Aの仕事においても有利になると思います。

ファイナンスとビジネスセンスがあると見なされるとどうなるか?

 

ズバリ、ファイナンスのキャリアの最高峰に行ける可能性がかなり高まります。

 

つまり、そういう方向性(CFOキャリア)にいきたい人は必ずfp&aを経験すべきだということになります。

 

ですが、日系企業にはfp&aポジションはぶっちゃけ少ないです。

 

なので、それに代替するようなポジションや部署を経験することが必須になるわけです。

このポイントは意外と気づいていない人が多いので、

これを知れただけでも希望するキャリアに近づいていると言えます。

 

なお、外資系企業でのfp&aの年収は経理系キャリアの中でも頭抜けて高く設定されています。

それだけ重宝されるスキルだというわけです。

しかも人材は少なく、不足している。

 

まあ、美味しいよな・・・というのが率直な感想です。

fp&aに向いている人の特徴は?

 

次に、FP&Aに向いている特徴についてメモっておきたいと思います。

 

・分析業務が好き

・細かくチェックするのが得意

・ITに強いこと(特にERPへの知識)

・何か新しい機会を発見できること

・セルフスターター

・関係者を調整するのが得意

・エクセルとパワポが得意

 

まあ、こうして並べてみると、

別にFP&Aに限らないかなとも思えます。

 

ですが、やはり数字に強く、細かい業務をてきぱきとこなせる

賢いスマートなタイプが向いているということです。

 

ですが、賢くて高飛車ではダメです。

 

なぜなら、関係者間を調整できなければならないからです。

その時には人間的な調整業務が発生します。

最後に

色々と話しましたが、

結論はこれからの時代のファイナンスがやるべき仕事はFP&Aだってことです。

 

で、FP&Aの仕事は定量的な分析により企業価値を生み出すことに貢献することだってことです。

 

だから、ある意味答えがない中で答えを出していく仕事であり、面白い仕事だと思います。

 

じゃあ、そんなの既存の経理マンにできるのか?っていうと、すぐにはできないでしょう。

でもまあ、できることから始めればいいだけですし、いわゆるレポートを作るだけのFP&Aの人も世の中には大量にいます。

だけど、それじゃあつまらんですし、そういう人はこれから淘汰されていきます。

レポーティングはロボ化されて消えますから。

人間しかできない価値創出ができる人材になればなんでもできるし面白い人になれます。

 

こちらの記事ではfp&aスキルの習得方法を書いていますので、参考にしてください。

ステップ2.最強コアスキルとして管理会計(FP&A)の知識を獲得する

 

こちらの記事では管理会計の資格について紹介しています。

管理会計のスキルを学ぶための資格は何がいいか?

 

より具体的に知識を使ってどうやって実務に活かすのか?について書いています。

管理会計の手法を具体例から学びたい!ザ・分析マスターを読んで解説します

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。