日経・雑誌

プラチナは21年22年で供給過剰らしい

こんにちはゲンタです。

先日日経新聞にプラチナは21年、22年と
供給過剰になる見込みだという記事が出ていました。

一体どれくらいの供給過剰なのかというと

・21年は24トンの供給過剰(出所:WPIC)

・22年は20トンの供給過剰の見通し(出所:WPIC)

ちなみに20年はどうだったのかというと

・20年は28トンの需要超過→鉱山トラブルやコロナ影響で生産減

ということのようです。

おお、じゃあプラチナの価格って
どうだったんだろう?

ネットで調べました。(ググっただけ)

 

 

 

 

 

 

おお
確かに20年は需要超過でバコーンと
価格上がってますね。

で、21年は供給超過でバコーンと
価格が下がっています。

ほんとわかりやすく
需要と供給のバランスで
価格は動くんだなー
と当たり前のことを感じしました。

じゃあ、22年はどうなるのか
WPICの予測によると供給超過で
落ちる傾向が続くということになりますね。

なんで僕がこんなことを
気にしているかというと
やっぱりこれだけでも書くと
今後のプラチナ価格の相場感が
なんとなくでも手に乗ってくるからです。

読んでちょっと調べて
なるほどーと思っても
忘れちゃうんですよね。

今はグラム3600円か
これからどうなるかなーってなものです。

普通ですよね。

為替とかはなんか流石に覚えるじゃないですか。

でもプラチナとか金とか覚えないですよね
ましてや、鶏とか砂糖とか。

でもコモディティ商品の価格は
あらゆる経済活動に派生的に影響しますので
追っていくべきです。

プラチナは自動車触媒用に使われているそうで
半導体不足で自動車の減産となり
自動車触媒用に使われるプラチナの需要も落ちたのが一因で
供給超過となっているとのことです。

すげー、経済って繋がるんだなと

ゲンタ