日経・雑誌

仕事中にウロウロする大前研一氏から学ぶ

こんにちはゲンタです。

今日はちきりん氏の本からの
抜粋ですが大前研一氏の振る舞いです。

大前研一氏は、日立製作所で研究者として働いていた頃、自分のデスクを離れて社内の敷地を散歩しながら考えていたら、勤労部からさぼっているようにみえるからやめてくれと怒られ、「自分は頭の中で考えて裏庭でも仕事をしているんですよ」と答えた

こんなふうに記載されていました。

おお、なるほどなあ

というか、いかにもありそうな話だ。

僕はこの話を見て
iPhoneにメモりました。

仕事中に煮詰まったら
ウロウロする

実際にやってみました。

うーん、良いですね。

というか前からやっていましたが

より一層やるようになりそうです。

歩いていた方が
脳みそが回転する気がするんですよね。

ただ、それをパワポに落とし込んだり
エクセルに落とし込んだりするのは
できませんが

大枠を考えるのは歩きながらの方が良いです。

だから
歩きながらiPhoneに単語でメモしていきます

で、

それを席に持ち帰って
ガーッとパワポ化、エクセル化

すると悩んでいた資料がサクッとできてしまう。

こういうもんなんですよね。

自然ですよね。

ぜひ仕事中に煮詰まったら
堂々とウロウロしましょう。

そういえば昔、
僕は仕事中にウロウロして
USCPAの勉強をしたりも
してましたね。
(仕事はやりきった上でですよ)

仕事に(というか、自分のキャリアに)
必要な知識をスキルを身につけるためです!
なんていったりして。

ゲンタ