思考

目の前の人に役立つ価値を提供する、すると100人以上の人にも同じネタで価値を提供できる

こんにちはゲンタです。

今日は何をやればいいのか
わからないよ
となっている人に向けて話します。

それは

目の前の人に
役立つ価値を提供する


100人以上の人にも
同じネタで価値を提供できる

です。

たとえば、

僕は前職で月次財務報告内容を徹底的に

改善しました。

そして徹底的に何が必要なのかを掘り下げました。

売上明細、BSPLCF推移、コスト内訳、在庫移動明細・・・・などなど

この雛形をその後も今の会社で

あらゆる子会社にあてはめ見ましたが

何もこの雛形の方が強かったです。

その数20社以上である。

つまり、似たような悩みがある

会社だらけです。

たぶん僕はほとんどの会社の

月次財務報告内容を改善できます。

とゆうように

徹底的に目の前の課題にとりくみ

価値を提供できれば

横展開で価値を提供しまくれる

わけです。

それが
銀行送金という単純業務であれ
ワークフローを改善したり
システムを使ったり
OCRを使ったり
マニュアルを作ったり
ERP伝票起票との流れを改善すると
その差は大きな差となります。

ひょっとしたら
銀行送金業務のプロとして
食っていくこともできる可能性があります。

こんなふうに
一つのことを掘り下げて
目の前のことに集中して価値を出せると
それは他の百以上の人にも同様に価値を出せる可能性が高いというわけです。

なので目の前のことに集中して
価値を生み出すと同時に
それをやりながらこれをどうやって拡散させていくか
と考えることも大事です。

ゲンタ