CFO

ファンド投資先CFO案件なら結果が出るしプロCFOになる道も開ける

こんにちはゲンタです。

僕は
正直今、ファンド投資先CFOの案件に
興味があります。

なぜかというと
明らかにプロフェッショナルの仕事を
やらざるを得ない環境であり
財務のプロとしての醍醐味があると感じるからです。

突き詰めると
財務の仕事はファンド投資先CFOになる
って感じです。

今はなんだかんだ言って
サラリーマンCFOです。

規模もそこそこありますが
ゆーても子会社です。

ヒリヒリする感覚は
ファンド投資先CFOよりも
ぬるい環境でしょう。

ファンド投資先CFOは
そこそこ年収も高いですし
何よりストックオプションがもらえる
ところがでかいです。

またファンドからの
要求に応えるためには
プロなアウトプットが
間違いなく求められるし

結果がバリューアップとして
明確に3−5年で数字に現れます。

これがいいなーと思うところです。

確実に会社を変えなくてはならない
数字が変わるファクターを
CFOとして担うわけで
醍醐味があると思うのですね。

ファンド投資先CFOへの期待値って
一言で言うと、投資リターンをあげること
です

そのために大事なこととしては
経営管理体制を作るのはもちろんのこと
人を動かせることが大事です。

人を動かせるスキルは
30代のうちに子会社で
経営を実践することだと
いろんなファンド会のお歴々がいっています。

この30代での子会社での経営経験は
図らずもその道を通っていること自体
道としては選んできたのだなと感じています。

ファンド投資先CFOとして
アウトプットが出せれば
どこにいっても通用すると
胸を張れます。

とまあ、
今日はこんなところで終わり

ちなみに今日読んだ本はこれです。

ゲンタ