管理会計の手法を具体例から学びたい!ザ・分析マスターを読んで解説します

この記事は7分で読めます

こんにちは、ゲンタです。

 

今日は管理会計の手法についてかなり具体的に話していきます。

 

管理会計って言っても、

CVP分析がどうだとか、NPVがどうだとか、

付加価値計算がどうだとか、資本利益率がどうだとか、、

そんな教科書に書いてある話をするつもりはありません。

 

ズバリ、業績をあげるための管理会計の手法ってどうやるのよ?
っていうものを語っていきたいと思います。

 

これは、このブログの本質的な部分でもあります。

 

セミナーとかで、

よく経理はビジネスパートナーであるべきとか、

経営に提言する経理とか、

戦略経理とか色々と言われてます。

 

ですがぶっちゃけ、

そういうことを言えばいうほどナンもできていないということが

バレてしまうという情けない状況が現実じゃないでしょうか?

 

今日はザ・分析マスターという本を読みました。

 

あまり期待してなかったのですが、

これがかなりの良書でした。

 

というのも、

管理会計の本質がわかりやすく書いてあったからです。

 

今日はその本質と僕が実際にその本質を使って

業績をあげた具体例で解説していきます。

 

結局、本質ってシンプルなんですよね。

 

これを知ってるか、知らないか?

それだけで今後の人生が変わってきます。

 

決算書を眺めても価値を生めない
財務会計は経営成績にインパクト与えられない

 

財務会計はただの結果ですから、そこから生み出すことはできないです。
(あ〜言い切っちゃうと怒る人いるかもしれませんが、)

 

経営に提言するとか言って、

自己資本比率を計算して見せてるけど、

な〜んにも価値を生み出さない経理。

 

何にも次のアクションプランに繋がらない経理。

 

そんなの悲しくないですか

なんというか、ダサい。

 

そういうの、フロント部門からバレちゃってますから。

彼らは常に経営成績にインパクトを与えることを考えて

仕事してるのです。

 

それをただ計算だけして

ドヤ顔されても、、、

みたいな。

 

だいたい自己資本比率なんて、

あんなのBS見た瞬間にだいたいイメージできるので、

わざわざ計算する必要ないんですよ。

 

経理として普通に頭に入っていないといけないくらいの数字なんです。

 

「おいおい、お前、当たり前だろ」

って社長に言われておしまいです。

冴えないですよね。

僕はやだ!

そんな経理になりたくない!

 

じゃあ、具体的に何の数字を見ればいいのよ?

となると思います。

 

なんの数字をみていけば良いのかというと、

ちょっと考えてみてください。

この考えるというプロセスもこれから稼げる経理マンになるのに必要です。

考えましたかね?

 

それでは僕の答えをいきます。

 

答えは、

決算書に書いてある数字にたどり着くまでのプロセスに関連する数字、

もっというと、現場の行動に近い数字をみにいく

です。

 

決算書に書いてある数字をもっと分解していくわけです。

具体的な活動になるまで。

 

決算書は数字の羅列ですが、それはもうありとあらゆる人の経済活動の塊なんですね。

その経済活動を活動の絵が思い浮かぶまで分解していくと答えが見つかることが多いです。

 

 

例えば、

売上につながる数字っていうと

製品数✖︎製品単価だったり、

客数✖︎客単価だったり、

客数✖︎客単価✖︎リピート率

見込み客数✖︎成約率

だったりと言われますよね?

(マーケティングの本にもよく書いてあります)

 

もっと具体的にいうと、

例えば自分がドトールコーヒーを経営していたとして、

客数✖︎客単価=売上となるわけです。

 

じゃあ、客数をあげるために、集客に力を入れよう。

集客に力を入れるためには駅前で割引券のチラシを配って客数をあげよう。

という仮説を立てたとします。

 

ここでチェックするべきは、

チラシを配った数(=見込み客)と増加客数のチェックです。

チラシを配ったら客が増えるんじゃないか(仮説)

どれだけ増えたかな〜?(検証)

もっと40代男性とか絞ってチラシを配ろう(改善の打ち手)

→マーケティング的にはこの活動は集客であり、

 割引でのコーヒーがフロントエンドと言います。

 

次に、集めた客にもっと金を使ってもらおう。

割引のコーヒーを飲んで満足した客に

サービスでケーキを試食してもらおう。

そうしたら、次の来店時にあ、あの美味しかったミルクレープを食べてみようかなと

思ってくれるかもしれません。

そうすると、客単価が上がります。

→ミルクレープがバックエンド。

当然ですが、ミルクレープで儲けるわけです。

 

というように、

具体的なアクションプラン=仮説を立てるための数字を

取りに行くとめっちゃ楽に考えられるんですよね。

この数字はだいたい行動に近いものであればあるほど良いです。

 

来店する客数:店の暖簾を潜ってくる客のイメージ

ああ、これをなんとかもっと入ってもらうようにするにはどうすればいいかな?
とイメージして行くと、色々と思い浮かぶと思います。

 

具体的には、

客単価をあげるためにはどうすればいいかな?
ああ、ドトールのハワイ農場で作った豆を売ればいいかも。
→バックエンド

 

でも、高いからなかなか買ってくれないような気もするな。

う〜ん、あ、もっと信頼残高を高めていけばいいんだな。

ハワイ農場で作ったコーヒー豆のうまさを知ってもらうために

本日のコーヒーをこのコーヒー豆でいれてみよう。

そして、隣にその豆が売っていることをレジの姉ちゃんに言わせよう。

で、最終的にはHISあたりと組んでハワイ農場へ旅行ツアーをやってもいいな。

で、マージンをとったりして。

→さらなるバックエンド

 

あとはコーヒーとクロスセルできるものって他に何かないかな?

カップ、コーヒーマシン、エスプレッソマシン、美味しいコーヒーの淹れ方教室

とかその辺りをクロスセルしていってもいいかもしれないな。

→さらなるさらなるバックエンド

 

などと行動に近い数字に思いを馳せていたら、色々と思いつくものです。

 

 

こうして行動に近い数字を見て思いついたアクションプラン
これがいわゆる外資系のFP&Aがいうところの

インサイトの一つであり、これはもっというと仮説です。

 

これがめちゃくちゃ大事でして、もう全ての活動はこれに尽きてしまうかと。

つまり何を言いたいかというと、

これです。

これが分析マスターに書いてある全てと言っても過言ではないです。

 

仮説行動検証改善

 

1.データを見て(最初は見なくてもいいですが)仮説を立てる。

2.仮説を実行する。

3.実行した仮説がどのような結果を生んでいるのか検証する。
狙った通りに増えているか、狙った通りには増えていないのか。など。

4.じゃあ、前の仮説は間違っていたということか、
だったら、こっちの仮説を試してみよう

5.第二の仮説を実行する。

6.うまくいったり、うまくいかなかったりする

というように、トライ&エラー(データによるチェック)を繰り返しているうちに
客数が増えていったり、客単価が上がったりして、
結果的に、売上が上がったりするわけです。

 

例えば、

新しい利益率の高い製品を出して売上増・利益増を狙う
という会社のこれも仮説=戦術があったとします。
(よくありますよね)

そうしたら、次の月にはこの製品の売上と利益を必ずチェックするべきなんです。
(当たり前ですが)
これが検証フェーズ。

で、ここで発掘した問題に対して打ち手を考えて実行していく。
そうすると売上が上がって行く・利益が上がって行くという流れなのです。

 

当たり前ですが、新製品がいくら売れたのか?
計画に対してどうだったのか?

計画した時は、どこの客にいくらくらいうる予定だったのか?

それが実際はどうなったのか?

とやって行くと、なんか見つかるんです。

小さいことでもいいので、なんか見つけることが大事です。

ポイントはめちゃくちゃ細かくシビアに見ていくというところです。

 

面倒ですが、面倒だからこそみんなこれをやらない。

だからこそ、価値がある。

他の人に見えないことが見えてくる。

みんながやらないくらいのことをやると、みんなが見えていないことが見えてくる。

 

次に実際に僕がこの仮説検証実行を生かして業績を改善させた小さい事例を解説したいと思います。

 

実際に数値分析をして利益をあがった超シンプルな話

 

この間、僕もこの数値分析ををやっていました。

製品別の売上と製品別の利益表を作って予算(=仮説)と前年と比べて見ていました。

 

そうしたら、なぜか去年黒字だったけど、今年赤字みたいな製品がありました。
ググーッと見て行くと、単純にプロモーション費用が異常なくらい高かったんです。

 

これは何をやったのか?

何の意図があって値引きしたのか?

と中身を見て行くとまあ、普通に値引きしてるわけですよ。

で、赤字になってる。

 

しかも、特に値引きして売上が上がるような性質の製品でもないし、

別に拡販するべきものでもない。

 

で、営業トップに聞いて見ました。

 

(営業トップ)

「ああ、これ惰性でやってるやつでしょ。」
「売上いってないよね。」
「意味ないよね。」

 

(僕)

「は?だったら、止めませんか?」

 

(営業トップ)

「おお、やめよう。おーい、これ来月から止めて(営業部下の女子へ)」

 

その後、数ヶ月売上をチェックしましたが、(=検証)

値引きなくても売上が変わらなかったんです。

 

そうしたら、この製品別利益は黒字化しました。

これが毎月発生するんで、約200万円だとしたら2400万円の利益貢献効果が出たわけです。

値引きを止めた後に売上はどうなったか?

ってきになるじゃ無いですか?
なんせ自分の仮説ですから。

 

で、見たら変わってないんですよね。
おお、やったぜってなもんです。

これって、まさに経理が利益を生んだ瞬間なんです。

 

ま、所詮こんなもんなんですよ、分析なんて。

 

これは中でも単純な例ですが・・。

 

まあ、こういうことをやるべきなんだーっていうことが
櫻井道裕著作のザ・分析マスターに書いてあります。

 

結構、具体的で使える良書だなと思います。

 

結構、シンプルな話ですが、かなり管理会計の本質にいっていると思うのでおすすめです。

(てゆか、めちゃ安いし)

ファイナンスが利益を生み出す価値があるアウトプットを出すために

こうしてみて行くと管理会計ってCVP分析とかNPVとか色々言いますけど、

そんなの当たり前で、ただの計算方法で大した価値はないんです。

 

こういうただの計算をドヤ顔でやっていては生き残れない。。。

というか、ダサくないですかね。。少なくとも僕は嫌です。

 

利益を生み出すような価値があるアウトプットって、

めちゃくちゃ細かく数字と具体的な出来事を追っていって

見つけた(他の人が見つけなかった)問題だったり、

隙間だったりするわけです。

 

これがインサイトであり、そのまま打ち手につながったりします。

 

こういうのをやるためには何が必要なのか?

 

・めちゃくちゃ細かくチェックしようという執拗なシビアな数字へのこだわり力

(金の使い方に対するこだわり。コスト対ベネフィット)

・営業や生産やR&Dや人事や総務など別部署の人とコミュニケーション力(実行に落とし込むコミュ力)

・ビジネスプロセスへの理解、ビジネスの理解(マーケティングなどの型の知識と使える力)

 

あたりだと思います。

 

本当にこういうスキルを持つ人材になるということが経理キャリアを明るくするためには間違いなく必須です。

 

まさにビジネスパートナーであり、ビジネスコントローラーって感じです。

ういう人材って日系企業にはほとんどいないです。

だからこそ、超ブルーオーシャンなのです。

みんなやらないのに、需要はある。

 

だからちょっとでもできる人はすげー価値がある。

と思われやすいみたいな。

 

だからこそ、

僕ももっとこういうビジネス分析をして業績アップスキルを身につけるべく、

マーケティングを勉強したり、

データ分析の手法を勉強したり、

それらを実践に落とし込んで血肉化して

実績に繋げていったりしています。

 

さ、もっとこの領域で頑張って、

もっと余裕でいられるようになろ。

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業地獄系の仕事に飽き飽きしました。 その後、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。英語なんか全く喋れなかったのに、ビジネスで英語を使えるようになりました。 で、現在は海外でCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ