カラーバス効果を使って外資系キャリアで年収1000万を達成するストーリー

この記事は5分で読めます

さっきまで、CPEを音読でこなしつつ、

あっこれいいなと思ったもの(Financial Plannning系のこと)を

iPhoneで録音してました。

 

CPEって正直面倒くさいですが、

意外に面白い科目もあって

勉強するのも楽しいなっと

思っているこの頃です。

 

で、今日はカラーバス効果について話していきます。

 

一応ですが、カラーバス効果って知ってますかね?(知っている人が多いとは思いますが)

簡単にいうと、

”自分が意識していることほど、それに関係する情報が自分のところに舞い込んでくる”

ということです。

 

だから、

例えば、自分が赤を意識すると

道を歩いていても赤いもの(Eneosのガソリンスタンド、郵便、消防署)

があることに気づくということです。

こういう遊びを子供の頃、よく電車に乗った時とかにやったな・・・。

 

で、これを知っていても効果的に使えている人って本当にほぼいないと思います。

今日はこの効果的に使う方法を超具体的にお伝えしていきたいと思います。

 

カラーバス効果って言葉を知っていても効果的に使ったことはない

 

結論から言ってしまうと、

1.自分がほしいもののをリストアップして、iPhoneのメモ帳とEvernoteに書いておきます。

2.朝起きたら音読する。で、音読しながらこれをゲットするために

  今日何をするか?とぶつぶつ言っていく。

3.どんどん深堀りしていき、メモを追加していって行動していく。

これをやりましょう。

めちゃくちゃ効果高いです。

地味ですが、、

大体、重要なことって地味なことなんです。

 

これをやると自分がほしいものがどんどん明確化されていき、

かつ、現実化されていきます。

 

そうすると、

カラーバス効果が発動して

日々見ているものの中でチャンスを見すごすことがなくなります。

 

 

で、

これをがっつりと使い込んでいく方法っていうのが、

先ほどいった方法で

ほしいものを明確化・深堀り・具体化・現実化していくわけです。

そうすると、日常の生活でカラーバス効果が働き、

これだ!と発見ができるようになるというわけです。

 

いくら知識を知っていても使えないと意味がないです。

カラーバス効果を知っている人はたくさんいると思いますが、

使えている人はほとんどいないでしょうね・・。

 

でも、これだけだとよくわからないと思うので、

具体的に実演してみたいと思います。

 

具体的にどういう感じでやるのか実演

 

例えば、僕が日系の中堅企業で年収400万の経理マンだとします。

 

ああーお金もっとほしいなー

年収が1000万だったらなー

と思ったら、

iPhoneの欲しいものリストに年収1000万になりたいと書いておきます。

 

朝起きた瞬間にiPhoneのメモ帳を開き、

ぶつぶつと年収1000万になりたいと音読しつつ、

次に、年収1000万になるってどういうこと?

転職するか?社内で上がっていくか?

社内じゃ無理じゃね?

じゃあ、転職するとしたら、どれくらいにならなきゃいけないの?

 

とぶつぶつ言っていきます。

(小さくていいので音に出すことが地味ですが重要です)

 

あー、外資系のコントローラーか

企業規模は中規模以上かなとか、

じゃあ、それにいくために何が必要なのか?

今日はそれを調べてみるか。

 

今日のTo Doリストに、

・外資コントローラーに転職するための要件の調査とメモ

とiPhoneにメモっておく。

 

シャワーを浴びながら

それをずーっとつぶやきながら考えるわけです。

 

とりあえず、Webで求人を検索してRequirementの共通点を書き出してみるかー

とつぶやく。

 

で、シャワーをあがった後に

朝ごはんを食べたりコーヒーを飲んだりしながら、

実際にiPhoneで外資系コントローラーの求人を検索して、

共通項をiPhoneのメモ帳にコピペしていったり、メモったりする。

 

そうこうしているうちに、

会社に行く時間になり、

駅まで歩いていきます。

 

歩きながらさっき調査したRequirementについて深堀りしていきます。

歩きながらぶつぶつ言うわけです。

(繰り返しますが、小さくていいので音に出すことが地味ですが重要です)

 

あー英語能力はマストだな、

それとIFRSの知識もマストだし、

マネジメント経験もマストだな、

USCPAとMBAもマストっぽいな、

でもなー

俺全部これもってないなー

 

どうするかなー。

 

まあでも資格だったら

とれるかもしれないな、

IFRSの知識も勉強すればいいか、

英語っていうのはハードル高いなー

でもやれないことはないな、

マネジメント経験って

いま、ペーペーだけど転職するしかないな。

 

こうしてみると、

コントローラーになるのは

ステップに分けて

考えた方がよさそうだな。

 

とりあえず、

外資系の専門の転職エージェントに会ってみて、

どんなステップがいいかアドバイスもらうかな。

じゃあ、電車に乗りながらエージェントにアポ入れしてみるか。

 

と、そうこうしている内に駅に着いた。

 

電車に乗りながら、

ネット上に出ている有名な外資系のエージェントにアプローチします。

 

これで今日のTo doの一つはつぶれたな。

会社に着いた段階で一つつぶれた感じになるわけです。

メモ帳の・外資コントローラーに転職するためのRequirementの調査とメモ

については✔マークをつけて完了にします。

 

そうすると、

少し達成感がでてきて

少しテンションが上がってきます。

 

で、

このメモ帳のTo Doの横に

→次はエージェントに会って、要件やステップについて助言をもらう。

→エージェントにアプローチ✔

→アポ入れ

→面談

→外資系応募

→面接

というようにどんどんアクションに落とし込んでいくわけです。

 

後日複数のエージェントと面談すると

次のように助言があったとしたら、

全部メモっておき、

それをiPhoneにメモっていきます。

 

(外資系エージェントメモ)*一部、実際に僕がエージェントにあって言われたことが入っています。

・英語を勉強するにあたり、TOEICもいいですがやはり職場で英語を使うのが一番の証明になります。

・外資系では一定のポジション以上になると英語力のテストをやります。

・外資系は日系と違って実力次第で昇進スピードは驚くほど速いです。

・スピード感をもって成長したいのであれば、外資系のキャリアに進まれることをお勧めします。

・スタッフクラスでも年収500-600万になります。ただし、退職金とか福利厚生はありません。

・USCPAを取ればランクがありますし、知識もつきますし英語力もつくでしょう。

・2年くらいしたら転職するか社内でマネージャーになりましょう。

・経理マネージャーをやったら次は転職してFP&Aマネージャーになりましょう。

・FP&Aマネージャーを2年くらいやったら転職するか社内昇進でコントローラーになれます。

・そのためにも、まずは英文レジュメを書いてみましょう

 

で、翌日英文レジメを書くというTo Doをリストに書きます。

そうしていると、欲しいものがどんどん手に入ってきます。

そして、実際に面接をして外資系に入る。

そうすると、年収が100万円くらいは上がって

さらにキャリアの経験値も増えてきた。

 

これを継続したら、

年収1000万くらい行きそうだな。

てゆうか、

社内にいるSさんはコントローラーまで行ってないAccounting Managerだけど

年収1000万いってるらしい。

あれくらいなら、あと3年くらいでいけんじゃね?

 

と、このように実際に人生が前に動き出すわけです。

 

このようにメモを使ったり、言葉で発したりすることによって

実際に行動を変えていくこと。

これがカラーバス効果を効果的に使う上で重要ですよ。

っていう話でした。

 

世の中にはすごいチャンスや情報が転がっているのですが、

それに気づかなかったり、気づいても一瞬で情報を捨ててしまって

めっちゃもったいないです。

 

終わり。

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

ですが、その後USCPAを取得したり転職活動をして

今では一部上場企業で決算などはやらずに複数のプロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしてます。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

CFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業系の仕事に飽き飽きしました。 その後は、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。 で、現在は海外駐在してCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ