おすすめ教材・本

【保存版】管理会計を学ぶための本のおすすめ

こんにちはゲンタです。

最近、ブログの読者の方たちから相談のメールをたくさんいただいてまして

ブログの更新を楽しみにしてますという言葉ももらっています。

いやー、ありがとうございます。

こういうの本当素直に嬉しいです。

 

今日はこれからの時代の経理マンにとって

超重要スキルである管理会計を学ぶ時に読む

おすすめの本を紹介していきます。

 

他のサイトと違って、

単なる管理会計なる名前が

入ってる本だけ選ぶような

野暮なセレクトはしませんよー

 

僕も実際に実務で悩んだ時に

解決してくれた本を紹介していきますからね。

それではいきます。

必携の書 櫻井道裕(著)ザ・分析マスター

僕は管理会計といえば

これとゆうくらい

この分析マスターを推します。

 

ここには管理会計の原理原則がかかれています。

 

著者の櫻井道裕先生は日本管理会計教育協会の会長も務めておられます。

管理会計の原理原則って言ってしまいますと、

「ビジネス活動の視覚化、数値化」につきます。

 

数値化したものを細かくみるし、ざっくりともみた上で

ビジネスを数字を使って

ストーリーで説明できる状態にする

ということです。

 

その上で、業績をあげるための打ち手を打ち出す。

さらにそれを推進する。

そのような原理原則についてこの本で説明されています。

 

なお、Kindle Unlimitedを買えば、

この本もKindle Limitedで他の櫻井先生の本も読めちゃいます。

 

安いし、薄くて本質的なんで、

買ってちょろっと読むだけで、

すぐに管理会計の本質がわかります。

 

ザ・分析マスター: その分析、明確な次の一手を教えていますか? 櫻井道裕の戦略的管理会計スペシャリスト養成講座シリーズ

実務家に寄り添う梅澤真由美(著)『管理会計の仕組みと実務がわかる本』

これは有名な公認会計士の武田氏もすすめる

実際にfp&aの現場で実務をされていた方の本です。

 

なので

現場の悩みや疑問を感じつつ、

あー結局そこなんだよなー

というのがわかる

と思います。

 

冒頭で梅澤さんは色んな管理会計の本を読んだけど

全然参考にならなかった

ということを話しています。

 

僕も本当にそうだと感じました。

 

なぜ実務で気になる

他部署とのコミュニケーションとか

業績の説明の難しい原価

販売促進費の分析方法とか

細かく書いてくれてないんだ??

 

なぜ商品別チャネル別のPLの作成方法とか

説明してくれないんだ??

と思ってました。

 

それは実務をやったことがない大学教授などが書いた本だから

と言うのが答えだと分かりましたが、

この本は実務家の人が書いた本です。

 

ぶっちゃけこの本を読んで

全てが解決されるわけではありませんが、

実務家がぶつかる壁について

説明されており良書です。

 

今から始める・見直す 管理会計の仕組みと実務がわかる本

佐藤義典(著)白いネコは何をくれた?

この本はいわゆる管理会計の本じゃなくて、

マーケティングの本です。

 

この佐藤さんはマーケティング業界で有名な方なのですが、

こちらの本も含め著書はほとんど読みましたが、

非常におすすめです。

 

この本を見つけた時は

僕が管理会計で知りたかったことは

管理会計の本のコーナーではなく、

マーケティングのところにあったか!

と感じたものです。

 

結局、ビジネスはマーケティングが

その機能を包括的にみることになります。

だって、売れる仕組みを作ること=マーケティングだからです。

 

仕組みの回り具合を

管理会計FP&Aがモニタリングする

わけですね。

 

その意味で管理会計担当やFP&Aがビジネスをいかに回していくのか

回っているのかを学ぶ上で本書は非常にわかりやすいです。

 

さらに、管理会計やFP&Aでは財務数値だけではなく、

非財務の数値も当然追っていきます。

 

本当に面白い本だと思います。

佐藤さんの本はこの本に限らず全て読みましたが、

全て良書です。

買うに値します。

白いネコは何をくれた?

外資系金融のExcel作成術―表の見せ方&財務モデルの組み方 

FP&A担当や管理会計担当者は

マネジメントに対して、

数字を使ってビジネスを説明することが仕事です。

 

そのためエクセルを多用します。

 

エクセルのformulaのスキルもさることながら、

エクセルの見栄えもきれいにする

必要があります。

 

ぶっちゃけ見栄えが良いだけで

仕事ができるように

見えてしまいます。

 

元々仕事ができる人が

エクセルのフォームまで綺麗でみやすくなったら???

その効果は絶大です。

 

それにそもそもエクセルカッコよく作れたら、

つまらないエクセルワークの仕事も

テンション上がったりします。

 

うおーー

こんなかっこいいレポート俺作ったのかー

おっしゃーー

となります。

 

きれいに効率的な構成で

エクセルでレポートをつくるスキルも

現実的に管理会計担当には必要です。

 

ということでそれならこの本です。

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

管理会計を学ぶためのおすすめ本のまとめ

管理会計の原理原則学ぶなら

ザ・分析マスター: その分析、明確な次の一手を教えていますか? 櫻井道裕の戦略的管理会計スペシャリスト養成講座シリーズ

管理会計担当がやってることってどんな感じか知りたいなら

今から始める・見直す 管理会計の仕組みと実務がわかる本

 

管理会計担当に必要となるマーケティングを学ぶなら

白いネコは何をくれた?

 

管理会計担当に必要なエクセルのスキルを学ぶなら

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

 

ってことでした。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。