【企業内特殊熟練とは?】大企業で仕事がつまらないと思っている経理マンへ

この記事は4分で読めます

こんばんは、ゲンタです。

 

今日は大企業の経理で仕事が超絶つまらねーって

思っている人へ向けて書いていきたいと思います。

 

こういうように考える人は感覚が非常に正しいです。

だって、大企業の経理って小難しいだけで、面倒じゃないですか。

くだらない社内調整業務ばっかりやらされたりします。

 

しかも、給料は年功序列でなかなかあがんねーし。

 

僕の後輩の例でいうと、、

過年度経理書類整理、

ひたすら伝票チェック、

子会社の数字の整理(コピペコピペ)、

ひたすらに固定資産管理、

ひたすらに送金入力・・・・などなど

 

身に付けたい財務の専門スキルが身につかねー

いつまでたっても固定資産管理、書類整理じゃ

キャリア真っ暗じゃねーか

って声を散々聞きました。

 

そりゃそうですよね。

 

で、突然規模がでかめの子会社へ行かされたりして、

そこでは経理じゃなくて

取締役会の事務局やらされたり、ひたすら調整業務。

 

もう転職できないキャリア感がプンプン匂ってくる。

 

企業内特殊熟練工って聞いたことありますか?

 

こういう大企業に長くいるとどうなるか?

 

あそこの部署のあの部長が超キーマンでこういうことを

好きだからこういう風に話を持って行ったら

すんなり話を進めることができる。

とか、

 

どこそこの役員はこのブランドが嫌いだから、こういう資料を作ると終わるよ。

とか、

 

そういうくだらないことに詳しくなっていき、

もはや転職市場では価値を見出されな

いキャリアが形成されてしまうわけです。

 

こういうのを企業内熟練工っていうらしいです。

 

ヤバスぎませんか・・・まあ、そういう要素も必要な時もあるんですが、

それで財務スキルなしの財務マンは致命的です。

 

財務スキルありの上で、そういうコミュ力系があると最強ですが、

専門性の低い企業内熟練工ではそうはいきません。

 

だったら、大企業じゃなくて中小企業がいいのか?問題

 

いや、そこまで大企業って悪いんですか?って話です。

 

中小企業が本当にいいのってなりますよね?

いや、世間的に見たら大企業ってやっぱり給料いいですし、福利厚生もいいです。

 

それに周りの人から見ても羨ましいポジションですよ。

 

僕なんか、スーパー零細企業や中小上場企業をへてきている身ですから、

そこはよくわかります。

 

やっぱり、大企業は恵まれてますよ。

そりゃあそうなんです。

 

なんて言っても、安定的に利益を生み出すキャッシュカウ事業を持っているからです。

(持ってない大企業だったら、即座に退職すべきですが)

 

家賃手当は出るし、家族手当は出るし、年金もあるし、社食もあるし・・・・・・

というように考えて、ズルズルと大企業に残り続けてしまう。。。

これが罠なんですね。もう企業に飼われてる家畜と同じ。

 

そういう意識でいる人は結局、その中でも出世できず、

マネージャーになれないまま人生を終える可能性が高いです。

 

それと大企業にいると意外と専門スキル身につかないんですよ。

なんでかっていうと専門性の高い仕事やる人は外から取ってくるからです。

 

今の会計制度や税務制度は高度すぎて外から取らないで中で育てられるほど余裕ないわけなんですよ。

 

よくあるパターンが専門性の高い業務をプロパーにやらせたいけど、専門性が低くてやらせられない。

じゃあ、外部から会計士、税理士でもとるか・・・

みたいなパターン。

 

実際、一部上場企業の専門性の高い仕事はかなりの確率で税理士、会計士がやってますよ。

僕は実際にこのような話を多くの有名企業でよく聞きます。

 

はい。

 

大企業でプロパーで入るとよっぽど良い会社でないと

そのようなキャリアパスを作ってくれません。

 

でも、中小企業は給料・福利厚生面で大企業に間違いなく劣ります。

 

じゃあ、大企業の経理マンはどうすりゃいいのよ?

こういう話になりますよね。

 

もう、シンプルに言って、

会社に頼らずに自分で勉強する

これしかない。

 

自分で勉強して、

自分で仕事を仕掛けていく。

それもプロジェクトの仕事を仕掛けていく、

結果、専門性は勉強で身に付けて、プロジェクトでマネジメント能力を身に付けていく。

これが大企業の経理マンには最強の道で間違い無いです。

 

専門性は、このブログでも言ってますが、

簿記1級を取得すれば十分です。

さらにUSCPAをとれば最強です。

 

で、この勉強で身に付けた知識をプロジェクトでぶちまけていくわけです。

例えば、子会社の財務体制の立て直しプロジェクト、

例えば、ERPの導入プロジェクト、

例えば、RPAの導入プロジェクト、

こういうのを自分で仕掛けていくわけです。

 

そうすると、そのプロマネを任されたり、PMOを任されたりして、

どうやったら人を動かせるのか?という視点も身に着けることできてしまいます。

もちろん専門性も身につきます。

 

なぜなら、仕組み自体を作るわけなので、

どういう仕組みを作るべきかは専門性が無いとできないわけです。

その専門性はこの間、資格試験で勉強したこと、本で勉強したこと、

セミナーで勉強したことでいいわけです。

 

それを即座にアウトプットする場があるという恵まれている環境・・・・。

 

急に大企業の経理の職場が恵まれた環境に早変わりです。

っていうわけで、これって大企業の若い経理マンが悪いんじゃなくて、

上の世代がこのようにキャリアパスを作っていないのが悪いんですよ。

 

っていうのを僕は強く言いたいですね。

でも、そう愚痴っていても始まらないので、

自ら仕掛けて行こうぜっていうわけです。

 

僕は実際に上記のようなプロジェクトを自分で仕掛けまくりました。

それでも、会社によっては下からの提案が全く受け入れられない会社もあります。

そういう場合は、即座に転職することをおすすめします。

 

タイムイズマネー、時間が一番大事なリソースです。

 

下記の記事を読んでみてください。

結構、やる気が出るんじゃないかと。

【転職術】20代の経理キャリアを一気に駆け上がるためにどういう会社を選べばいいのか?

 

30代経理経験者のためのキャリア戦略 〜 年収1千万超えの経理マネージャーへの道

経理キャリアのおすすめ転職エージェントまとめ

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業系の仕事に飽き飽きしました。 その後は、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。 で、現在は海外駐在してCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ