【CFOキャリアパス】40代経理マネージャーからCFOへの道

この記事は10分で読めます

こんにちはゲンタです。

 

今日は40代のうちにCFOになるためのキャリアパス
について話をしていきます。

 

この記事を読もうとしているということは、

かなりキャリアに自信がある方が多いかもしれません。

 

そういう方はちょっと工夫するだけで、

意外とするっとCFOになれたりします。

 

世の中には知らないだけでチャンスがゴロゴロ転がっているものです。

そういうチャンスをビクビクせずにとりあえずやってみっかと飛び込めるかどうか?

だけだったりします。

 

CFOになるなんてまだ若いし、そもそもハードル高いでしょ?と思うかもしれません。

でも、30代でCFOになった人も世の中にはゴロゴロいます。

 

そもそもCFOって何よ?って話で、

平たくいうと単なる財務責任者なわけですよ。

 

世の中には中小企業も入れると死ぬほど会社があるわけで、

その会社数分だけ財務責任を負っている人はいるわけです。

 

だから、CFOって本当は世の中にいっぱいあるわけです。

でも、CFOって言っているか?言っていないか?

っていうだけなんです。

 

だからCFOになろうっていったら即なれますよ。

 

でも、まあこのブログの読者の方がなりたいCFO像っていうのは別だと思います。

 

ある程度の規模感、ある程度の安定感、ある程度のチャレンジ感、

ある程度の高年収などを望んでCFOになりたいっていうのが本音だと思います。

 

僕もそうです。結局、そのバランスなんじゃないかなと。

 

ちなみに、

僕はすでに従業員500人規模の海外の会社のCFOになれています。

ぶっちゃけこれもあれよあれよという間になれたというのが実感です。

 

エージェントから流れてくる求人を見ていても、

意外とチャンスってゴロゴロ転がってるなぁというのが本音です。

でも、そのチャンスを取れるような能力がある人たちはそれをとりにいかなかったりするんです。

 

例えば、

・監査法人で監査をやっていて事業会社にいきたいなあと思っている会計士の人、

・一部上場企業で若くて優秀だけど作業仕事ばかりやらされて腐っている人、

・金融機関やコンサルにいて事業会社の財務やりたいと思っている人、

なんかは、意外にスルッとCFOに行ける可能性があります。

 

でも、なーんとなく、やはり無難に有名企業に入ってIFRSやろうとか

次は経営企画かなとかキャリアを選んでしまいがちなんですよね。

その結果、代わり映えしないキャリア、人生になってしまうという。。。。

 

まあ、僕自身もそういうところあります。

 

でも、そこをなんとかリスクとって思い切ったキャリアに進むことによって、

他の人とは違うキャリアを掴めるということがあります。

 

株式投資の名言に「人の行く裏に道あり花の山」というのがありますが、

これを意識して行くことによって人生変えていきましょう。

 

っていうことで、ちょっと抽象的になってしまいましたので、

もう少し具体的に話していきます。

 

CFOを目指すからには、その前に最低でも経理マネージャーにはなっている必要があります。

なぜかというと、最低限、財務会計の基礎知識がなければ

CFOになっても実務を回せないからです。

 

ですので、
今日お話しする話はこのようなイメージです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
経理マネージャー or 最低限の財務会計知識

近道=X →(道)ここをどう克服するべきか?

CFO →(ゴール)ここの設定をどうするか?狙い目の設定は?

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

どのくらいの会社のCFOになるのが狙い目なのか?

そのゴールの設定がまずは近道への一歩ということで

ここから説明していきます。

 

40代でCFOになる4つのゴールイメージとは?

 

40代でCFOを目指すに当たって、現実的に狙っていけるゴールは4つあります。

そしてそれぞれ難易度、報酬、キャリアリターン度などが異なります。

 

1.IPO前のベンチャー企業CFOになる (難易度低、給与低、キャリアリターン高)

 

2.新興上場企業のCFOになる(難易度高、給与中、キャリアリターン高)

 

3.外資系のCFOになる(難易度中、給与高、キャリアリターン中)

 

4.海外駐在してCFOになる(難易度高、給与高、キャリアリターン中)

 

この4つがプランとして提示できるものです。

 

ポイントは、一部上場企業のCFOというのは除外しているという点ですね。

 

一部上場企業CFOっていうのは、

その会社の中で昇進していくパターンがほとんどです。

それか金融機関でそこそこの地位にある人が横滑り的にくるポジションであるパターンです。

 

なので、あまり狙い目でないですし、狙っていけるところでもないです。

 

逆に、上記4つのポジションであれば、狙っていけばかなりの可能性でいけます。

 

ということで、

これら4つのポジションについて語っていきたいと思います。

 

1.IPO前ベンチャー企業のCFOになる 

IPO企業のCFO案件は結構みる求人じゃないでしょうか?

 

実際、この求人が一番多いはずです。

なぜなら、需要があるからです。

 

それまでビジネスをガシガシ作り込んで来た会社が、

利益がではじめていよいよ資金需要が出てきて、

ビジネス拡大していきたくなってきたという時だからです。

 

そういう時には、全く管理系のプロセスがなっていなくて、

そういったことのプロも社内にいない。

じゃあ、キーマンを募集しよう。

でも、IPO前で知名度もないから中々良いひとが集まらないとなります。

 

よって、入社のハードルは他の案件と比べると相対的に低くなるはずです。

 

ですが、

会社の金庫番を採用してIPOできるかできないかが

この人で左右されるといっても過言ではないため、

創業者の見る目は厳しくなるわけです。

 

なので、なかなか成約せずに案件が残っちゃうんだろうなというところです。

 

逆にいうとこの創業者もしくは投資ファンドから気に入られてしまえば

するっと採用される可能性も高いです。

 

ちなみに給与イメージは総じて高くないです。

ざっくり、800〜1200万円くらいのパターンが多いです。

 

CFOといえど結局、やることは地味な仕事だったりしますし、

財務だけでなく、人事、総務、ITなども含めて自分でハンズオンすることになります。

つまり、ファイナンスだけじゃなくて管理部門全部を取りまとめることになります。

 

しかし、成長は間違いなくできますし、IPOを成功させることができれば、

リターンは収入面だけでなくキャリア面でも絶大です。

 

IPOさせることができたということは、

その人のCFOとしての能力が世の中に認められたと同意なわけです。

 

M&Aと並びIPOはファイナンスキャリアにとっての一番の見せ場といって良いと思います。

 

それとベンチャー企業CFOに求められるのは、

・若いこと(そもそも社長が若いことが多いのであまり年がいっている人を好まない)

・なんでもこなすバイタリティがあること(ファイナンスだけではなく管理部門全部を管掌し、かつ相当ハンズオンする必要があるため)

・IPOすることが目的なので金融機関出身者や投資ファンド出身者も好まれる

・一方で経理実務なども出来て欲しい。

・一方で給与も外資金融などに比べると全然安い

というところです。

つまりニーズの中に矛盾があるわけです。

給与やすくて経理実務ができて管理部門をハンズオンできる

投資ファンド・金融機関出身者なんていないんですよ。

だからこそ、なかなか成約せずに残っている。

そこに飛び込んでかけている要素をカバーできる何かを示せれば

可能性は十分にあると言えます。

 

 

2.新興上場企業のCFOになる

これは求人数としてはかなり少ないです。

ですが、CFO候補とか経理部長の案件は結構あります。

 

で、そういう場合は現CFOの後任採用だったりするわけです。

 

最初は経理部長で入社して、

社内で信頼を獲得してからCFOになるっていう風に考えるのもアリですね。

 

個人的に考えている一番狙い目のパターンがこれだと思ってます。

 

新興企業とはいえ上場企業ですので、

ビジネスはそこそこ安定しているはずですし、

成長している企業も多くキャリア上もM&Aや組織再編などの

アグレシッブな提案をガンガンしていける会社のステージであり、

面白いことができるはずです。

 

そういったことを現CFOがいるうちに提案しまくって、

成果をあげてCFOになるっていうのがストーリーとしては綺麗ですね。

 

給料は僕の印象だと、1000万円〜1500万円くらいの枠のことが多いですね。

 

3.外資系のCFOになる

外資系企業のCFOというプランですね。

これはかなり求人数多いです。

 

というのも外資系の勤務者は転職しまくるからです。

 

それと、ここのポジションは意外と狙い目でして、

外資系といっても会社のレベル感は様々です。

 

10名規模〜数千名規模の会社まであります。

 

例えば、最近でいうと30名規模の会社のHead of Financeというポジションが募集されてました。

このくらいの規模感の外資系となると意外と優秀な人ほど尻込みして(怖がって)、

応募しないものです。

 

なので、結構、狙い目だろうと思います。

 

そういうところに、まだまだ経験は足りないけど

外資系で経験してきた人や一部上場企業でくすぶっている

若者が応募したらするっと採用されたりします。

 

そしていったんCFOの肩書きを提げて、

実力もつけて、徐々にステップアップしていくということになります。

 

給料レベルは幅がありますが、総じて高めです。

僕の印象では、1000万円〜2500万円くらいです。

4.海外駐在してCFOになる

最後に海外駐在してCFOになるというパターンも紹介しておきます。

 

これは僕がこのパターンだからっていうのもありますが、オススメできます。

 

大企業の名刺を持ったまま、CFOという肩書きも得られるという意味で、

リスクが低く、リターンが大きいです。

 

リターンというのは、キャリア構築上も幅広く(財務だけでなく人事、総務、IT、経営企画等)

責任を持って経験できるというのもあります。

このあたりはIPO企業に入るのと同様ですね。

しかし、IPOはできないですので、キャリアリターン度はIPOよりは低いです。

 

給料レベルもかなり高いです。

僕の印象では、1000万円から2500万円レベルまで様々です。

 

というわけで、大きく4つのゴールパターンを紹介してきました。

じゃあ、狙い目のゴール感はわかったけど、どうやったらいけるのさ?

となると思うので、今度はそこを説明していきます。

ちなみにこの狙い目のゴールパターンを知っている、もしくは意識している

ことだけでもライバルに差がついています。

 

どうやって40代で狙い目のCFOになるのか?

その近道とは?

これは4つのゴールパターンによって異なります。(もちろんベースは同じなのですが)

 

1. IPOベンチャーCFOへの道

 

・監査法人監査担当→IPOベンチャーCFO 

(IPOを目指すため監査法人での経験が管理部門構築に役立てるだろという評価)

 

・事業会社経理マネージャー→IPOベンチャーCFO

(王道ですが、しっかりとした経理経験が評価される)

 

・事業会社経理→事業会社経営企画→IPOベンチャーCFO

(経理と経営企画の経験はIPOを目指すために必要な資質を備えている)

 

・証券会社IPO担当→IPOベンチャーCFO

(IPOを熟知しているという評価)

 

・投資ファンド投資担当→IPOベンチャーCFO

(ベンチャーは投資ファンドの資金が入っていることが多く、その辺りで話がかみ合いやすい。)

 

2. 新興上場企業CFOへの道

・事業会社経理マネージャー→財務部長(CFO候補)→CFO

(少しランクが上の事業会社のマネージャークラスからの新興上場企業部長はよくあるパターン。

 新興市場上場企業では人材が不足しているため、優秀であるという位置付けになる。

 その後、お試し期間をへてCFOになる)

 

・投資ファンド投資担当→財務部長(CFO候補)→CFO

(M&Aや投資といった観点から需要に合う場合はマッチする。

 これも会社によって異なる。需要がちゃんと管理部門の責任を果たす別にいるか)

 

3. 外資CFOへの道

・外資アカウンタント or 日系経理→外資FP&Aマネージャー→CFO

・監査法人→FP&Aマネージャー→CFO

・コンサル→FP&Aマネージャー→CFO

 いずれもFP&Aマネージャーを通ってCFOになるという道ですね。

 

4. 海外駐在CFOへの道

・海外に会社をもつ企業での経理→海外プロジェクト(M&A、PMIなど)→海外駐在CFO

・海外駐在要員として経理で採用→海外駐在CFO

いずれも当然ですが海外に会社を持つ会社で海外要員として認識される必要があります。

 

 

上記でCFOへの道はかなり具体的になったけど、

具体的にどう動いたらいいのさ?

 

後はCFO求人がある求人サイト、転職エージェントに登録し、

ちゃんと求人を拾っていくことです。

 

通常の転職サイトや転職エージェントではマネージャーレベルまでで、

それ以上のエグゼクティブはそれ専門に

高給取りの方専門のサイトやエージェントがあります。

 

そういったところに登録することと相談にいくということが必要です。

そこでやっと扉が見えるってわけです。

 

そこで、CFOになる扉となりうるエージェントとサイトを紹介します。

これらは僕も現在登録していて、ここで求人案件をチェックさせてもらっているところです。

 

 

キャリアカーバー

リクルートが提供している転職サイトです。

 

実際にここからくる案件をみて自分のレベル感を確かめたり、

ああ、こういう案件もあるのね。

とチェックしてます。

 

実際にここからくる案件はリクルートキャリアやジャスネットなどと異なり、

CFO案件、役員クラス、経理部長、投資ファンド案件などばかりでして、

レベルが高い案件がきます。

 

そういうレベルを目指したい方にはここを登録したら良いと思います。

 

いつまでも同じ経理仕事をやり続けて

スキル対年齢のレベルが落ち続けて市場価値がなくなるのが嫌な人は、

ぜひ試してください。 

 

リクナビを卒業して今度は上位サイトであるキャリアカーバーで

質の高い求人情報をゲットして、キャリアゴールイメージを高めていくというような使い方ですね。

 

CAREERCARVERに登録する

 

ビズリーチ

こちらはダイレクトリクルーティングという手法を使っているハイクラス向けの転職サイトです。

ダイレクトリクルーティングっていうのは流行りの採用手法でして、

要は企業から直接、キャンディデイトにリーチするってわけです。

だから、ビズリーチのCMってちょっと他の転職サイトと違うことって気づきましたか?

それは、企業の採用サイドに着目したCMだってことです。

 

まあ、それはこちらの記事で書いているので興味があったら読んでみてください。

僕も実際に登録していますが、ここからくる案件も他と違って、

CFOクラス、経理部長クラスなどがほとんどです。

 

さらにここでは、直接、企業から面接に来ませんか?という連絡がくるので、

より一層、自分のポテンシャルを測りやすいです。

 

というわけで、こちらも登録必須です。

まだ登録しないハイクラス狙いの方は登録してください。

 

登録して、ちゃんとレジュメを書いたら、直接、企業から連絡が来ます。

そうして、ダイレクトリクルーティングの威力を実感してもらえればなと思います。

 

ビズリーチに登録する

 

クライスカンパニー

ここはかなりマイナーだと思いますが、僕は登録してます。

 

なぜなら、あるサイトに登録している時に毎回、興味深い案件ばかりを送ってきたので、

気になって登録して相談にいきました。

 

そうしたら、すっごいポジティブなおばさん(といったら失礼ですが)が出てきまして、

話を聞いていたら、そのかたは本当に30代〜40代の方をどんどん経営幹部に転職させることに

成功していたんですね。それも年収レベルでは1000万〜2000万まで。。。

 

提案してくれる内容もかなり現実的で合理的で信頼できるなという印象を持ちました。

(無理にごり押ししてこないですし、、)

 

僕は現在のところは積極的には転職活動をやっていないですが、

また動き出す際には相談に行こうと思っている最右翼の候補ですし、

変わらず情報提供はしてきてくれてコミュニケーションは継続しています。

 

かなりオススメの高収入者専用の転職エージェントです。

 

いつまでも同じ経理仕事をやり続けて

スキル対年齢のレベルが落ち続けて市場価値がなくなるのが嫌な人は、

ぜひ試してください。

ちょっと小さいエージェントなので最初は怖いかもしれませんが、新しいドアを開くイメージで。

 

クライス&カンパニーに登録する

 

(追伸)CFOになるために必要な知識とは?

いくらキャリアチャンスを手にしても必要な知識がないと業務が回りません。

なので必要な知識について触れておきますね。

 

ズバリ必要な知識は2つです。

 

⒈企業財務:ファイナンスの専門知識
これをバックグラウンドに持ちながら、

 

⒉戦略:ビジネス戦略×コーポレート戦略
これを立案実行し、企業価値を向上させる。

です。

 

これは僕がCFOのお手本として考えている元マリオットホテルのCFOだった

ゲーリーウィルソンという伝説のCFOがいっていた言葉をベースにしています。

 

彼は自分のことをこのように表現しています。
「僕は企業財務に強い戦略家だと思っています」

これはつまり、財務✖️戦略っていうことな訳です。

 

この中で、財務知識をつけるのは当然必要なのですが、

これだけでも相当大変なもので一筋縄では身につきません。

 

ここを軽視して、戦略ばっかりやっても経理マネージャーからバカにされて終わります。

この財務知識については下記の記事で詳しく書いていますので読み進めてください。

 

日本でCFO になるための3つのファイナンス専門知識を勉強する近道とは?

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業系の仕事に飽き飽きしました。 その後は、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。 で、現在は海外駐在してCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ