経理財務実務

損失回避の法則という人間の性

こんにちはゲンタです。

今日は損失回避の法則という人間の性について話します。

 

人は得することを選ぶより、

損しないことを選ぶ

とゆう法則です。

 

なぜ経理のブログでこんなことを話すかとゆうと、

人を説得するときに使うからです。

 

経理であっても、

マネジメント層にいけばいくほど

プレゼンして人を説得する仕事が

できないと死にます。

 

たとえば、

あるプロジェクトを推進するために

社内で了承をとりバジェットを獲得するとき

監査法人にやりたい会計処理を飲ませるとき

部下を説得して仕事をやらせるとき

部下を昇進させるために社内を説得するとき

外部会社に社内でやるとなった条件をのませるとき

人を説得する必要があります。

 

この時、損失回避の理論は役に立ちます。

 

逆にいうと知らないとやばいレベルです。

 

この言葉を聞いたことある経理マンはすくないと思いますが

めちゃくちゃ役に立ちます。

 

では、説明していきますね。

損失回避の理論とは?

人は得することを選ぶより、

損しないことを選ぶ

とゆう法則です。

 

これをもっともわかりやすく

使ったビジネスが保険ビジネスです。

 

たとえば、医療保険。

病気になっていないが、

病院代を先に払っておきましょう

というわけです。

 

つまり、将来病気になり入院代をはらえなくなる恐怖があるから、

先に安く払いませんか?

とゆうわけです。

 

いったん損をするが、

将来、得をする

とゆ理屈で金をはらわせているわけです。

 

(具体例)社内でRPAのバジェットを獲得するには?

いや、経理マンがこの理論をどう使うかですが

 

たとえば、

社内でRPAプロジェクトをはじめて、

自分の市場価値あげてやる!

とします。

 

このプロジェクトやるから、

ルーティンワークやりません。

 

ただし、それ以上の成果出します

とゆのが理屈だとします。

 

しかし社内を説得なんてしたことがない

どうしたらいいか。。。。

ここで使うのが損失回避の法則です。

 

マネジメントに対して

RPAを導入しない損失を訴えるわけです。

RPAを導入しないと

会社の業務が生まれ変わるチャンスをロスしますよ

業務効率化されて従業員の考え方が変わるチャンスを失いますよ

このまま進んでいくと従業員のレベルが上がり続けず

ライバル企業に追い抜かれますよ

というわけです。

 

どうですか?

結構入れないとやばいと思いませんか?

どっちが相手に響くか?

RPA入れたら業務効率化されますよ?

RPA入れないとライバル企業に抜かれますよ?

のどっちがひびきますか?

 

後者の方がひびきますよね。

 

USCPA取ったらキャリアアップできますよ?

ライバルはUSCPA取ってキャリアアップしてますよ?

の方がわかりやすいかもしれません。

 

これが損失回避の法則です。

つまり、人間のさがですよね。

本当。

これを意識したビジネスは本当にいっぱいあります。

探してみてください。

僕はこの法則はプレゼンなどで使いまくってます。

ぜひ意識して使ってみてください。

効果てきめんのはずです。

なんせ人間のさがに訴えることができますからね。

ゲンタ