自家焙煎の下山珈琲でホッと一休みして頭をスッキリした物語

この記事は3分で読めます

僕はコーヒーが大好きでして、
毎日、三回は飲んでます。

 

コーヒー飲むのって、
言ってみればタバコを吸ってちょっとホットしたいとか、
そういう感じに近いんじゃないかなと思います。

 

忙しい毎日の中、

人間たまにはホッとする時間も
必要です。

 

今回は、三年前くらいに疲れて仕事帰りに
カレー屋にいった時の話をしたいと思います。

 

その日は仕事で疲れたので大好きな馴染みのカレー屋さんでカレーを食いました。

で、食後になんとなーく、
疲れてたこともあり贅沢ながらも、
はじめてこの店でコーヒーをたのんでみました。

 

銀の小さいポットとカップがでてきてました。
ポットからカップにトクトクと
コーヒーを注ぎました。

 

で、薫りがいいなーと思いつつ
飲んでみると、これがめちゃくちゃ美味しかったんです。

 

なんていうか、後味がスッキリしていて
嫌味がない、けど、濃厚な味わい
とゆう感じ。

 

疲れが吹き飛び、頭が冴えて
めちゃ気持ちがよくなりました。

 

その日はそのまま、
帰ってしまいましたが、
なんだかあのコーヒーが
気になって仕方ありません。

 

気になってしょうがないんで、

もう一度お店に行ってコーヒーを頼んで、

お店の人に何の銘柄なのかを聞いてみました。

 

(僕)「このコーヒーの銘柄を教えてくれませんか?」

(店員)「銘柄はわかりません。」
「が、たぶんブレンドでしょう。」
「ただ。自家焙煎してます。」

と言われました。

 

「なるほど、自家焙煎かー」

 

というわけで、

インターネットで自家焙煎する方法を調べました。

 

が、
自家焙煎を自分でやるのは、

結構金かかりそうだし、
大変そうでした。

 

色々調べると、
やはり美味いコーヒーのポイントは
焙煎したてであることであり、
焙煎仕立てだと、
コーヒーにお湯を注いだ時に
モコモコとするらしい
ということがわかりました。

 

色々調べあげて、
自家焙煎で焙煎仕立てで送ってくれる店が見つかりました。
岡山県の下山珈琲という店です。
グアテマラを楽天で注文してみました。

 

で、
真空パックされた封をハサミで切り
開けると、フワーッと部屋中に
コーヒーの濃厚な香りが充満しました。

 

妻も
「めっちゃいいにおいねー」
といってましたね。

 

で、いよいよ
お湯をそそいでみると、、、
あー、モコモコしてるわー
こりゃ、美味いに違いない
で、カップに注ぎのみました。

 

美味い!

 

頭にビーンと響くウマさ
一気に頭がスッキリする感じは
カレー屋で飲んだのとおんなじ。

 

ただ、味はもう少し酸味があるかな
カレー屋で飲んだもののほうが
クセがない感じでした。

 

あー、やっぱり焙煎仕立てが
ポイントか。
それはモコモコするかどうかで
わかるというわけです。

 

その後、下山珈琲で
色んな銘柄を試しましたが、
どうやらブラジルが
カレー屋でのんだ銘柄じゃないかな
と判明しました。
(あくまで、個人見解ですが)

 

コーヒー飲むなら自家焙煎したてのコーヒーを飲むべし

 

美味いし、頭スッキリするし。
しかも、下山珈琲安いし。

 

会社でランチ後にコーヒー飲むなら、
セブンとかドトールとかで買うより、
ポットで下山珈琲いれたほうが
断然美味いし、安いしコスパが神です。

 

コーヒー入れる行為自体が気分転換になりますし。

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました。

終わり。

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

ですが、その後USCPAを取得したり転職活動をして

今では一部上場企業で決算などはやらずに複数のプロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしてます。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

CFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業地獄系の仕事に飽き飽きしました。 その後、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。英語なんか全く喋れなかったのに、ビジネスで英語を使えるようになりました。 で、現在は海外でCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ