経理部門の将来像とそれを実現するために必要な具体的な行動とは?

この記事は3分で読めます

こんにちはゲンタです。

 

今日は経理部門の将来像がどんなもんになるのか?

って話をしていきます。

 

これは、答えは簡単です。

 

———————————-

業務処理にデジタル技術を使って、

作業仕事を減らしていく

余った時間を高付加価値業務に使っていく。

作業仕事が正しく処理されているかをモニタリングしつつ、

作業仕事のフローを日々改良しつつ、

高付加価値業務のみを常に行う。

—————————-

 

ということにシンプルに落ち着きます。

 

これってだいたいみんな知ってますよね。

だけど、ポイントは具体的にどうやっていけばいいのか

ってのが上司から出てこないから話が進まないのだと思います。

 

まず、高付加価値業務ってなんだよ?

となると思います。

 

具体的に何をやればいいのか?

これが出ないから高付加価値業務の仕事をできないのだと思います。

 

だから、今、ブーブー言いながら、

つまんねーとか言いながら、

作業仕事をしちゃってる。

 

僕が思いつくかぎりバーっと出してみます。

 

プロセス改善

システム投資による効率化の検討

経費精算のデジタル化、効率化

経費精算チェックの自動化

BPOの検討

さらなるシェアード化の検討

RPAによる自動化

税コスト削減

業務のマニュアル化、標準化

商流物流の分析

プライシングの分析

不正監視(きっちりと決裁基準に応じた取引になっているか?)

プロセス見える化

管理会計

チャネル別損益分析

商品群別損益分析

M&Aの検討

コスト削減

コスト適正性のチェック(見積もり比較)

人材育成

組織戦略

資本コスト削減

FCFの改善

運転資本の削減

為替リスクの削減

です。

 

このブログを読んでいる方は意識が高いと思いますので、

これら以外にも、かなり思いついているんじゃないかと思います。

 

これらがなんの仕事やねん?

となると思いますが、

 

一言で言うと、企業価値向上という言葉に行き着きます。

 

経理部門の仕事は企業価値向上なんです。

 

だけど、具体的にどこから手をつけていいかわからないとなると思います。

 

なので、僕なら具体的にどうやって取り掛かるか?ということを話していきます。

 

とりあえず、業務処理を効率化できないか?

ってことを考えます。

 

なぜかというと、

まずいまいま自分でやっているつまらない仕事から手を離すためには、

今の仕事を効率化する必要があります。

 

例えば、こんな感じです。

 

ああ、このいつもやってる経費精算チェックって

こういう流れでやってるな。

 

とりあえず、これをフローチャートにまとめてみるか。

ああ、こういう部分をチェックして直したりしてるのか。

いちいちこれを営業に言うの面倒くさいんだよな。

 

事前に一定の基準を満たさないと、

経費精算受け付けませんという

ことをマニュアルに入れて

イントラにアップしておこう。

 

そうしたら、その仕事が消える。

次にここまでフローが視覚化できたら、

これをデジタル化しちゃおう。

 

そうしたら、各部から出てくる申請が

一定の基準を満たさないと申請完了できないようになる。

 

そうしたら、チェックも不要になる。

 

さらに、データになるので、

そのままERPに流し込むこともできるわ。

 

あとは証憑の添付だけか。

 

ここまできたら、派遣でもできるし、

BPOすることもできんじゃねーの。

 

という感じです。

 

これって難しい仕事でしょうか?

 

はい。

これ難しい仕事です。

 

くだらない仕事のように思えるかもしれませんが、

結構、高度な仕事だと思います。

 

これは高付加価値業務です。

 

これを一ネタでもできた人はすごい価値がある人材になっているはずです。

 

なぜ、これが高付加価値か?

 

いや、これやるためにはフローチャート書いて、

どのような基準でチェックしているかを見える化して、(品質基準の取り決め)

それを上司に説明して納得させて、

各部署に説明して納得させて、

さらに、システム投資の決裁を決裁者に納得させて、

ベンダーと交渉して、

どのようなスケジュールで行うべきかを関連者とすり合わせして

ということが必要になるわけです。

 

これは、それだけでも一つのプロジェクトです。

 

ここまでできれば、

他の仕事も任せられますよ。そりゃ。

 

こういう人がこれからの経理で必要とされる人です。

 

これができれば、今までやっていた経費精算の仕事がなくなりますよね。

 

じゃあ、次にビジネスフローを見える化してみて

この中のコストをベンダー別に比較してみようか。

となるとします。

 

ERPからデータを引っ張って、

さらに請求書の原本を引っ張り出して

ベンダー毎の単価の比較、会社の実績

をデータ化してまとめてみます。

 

あ、ロジスティックのベンダーに

このベンダー高いのになんでこっちばかり使ってるのだろう?

こっちの方が安いのに。

 

単純にこっち使った方が安くなるんじゃないですか?

とか。

 

これだけで利益貢献になります。

これができれば、次は経理部門の人材育成について考えてみます。

 

税コストの削減、資本コストの削減、FCFの向上するには?

ということを、分析を通じてその機会を検討していくわけです。

 

こういう風に経理部門は会社の規律を保ちつつ、

企業価値向上に貢献していけるわけです。

 

というわけで、

経理部の将来像として、

こんな感じのことをやっていけばいいのか、

というイメージをつけていただけたかと思います。

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 行動メモ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業地獄系の仕事に飽き飽きしました。 その後、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。英語なんか全く喋れなかったのに、ビジネスで英語を使えるようになりました。 で、現在は海外でCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ