お勉強系

BSPLのレビューによる財務諸表の健全性の判定方法

こんにちはゲンタです。

 

今日はBSPLをレビューして

不正が行われていないか?

財務諸表が間違っていないか?

 

確認する方法についてざっと説明していきます。

BSPLをレビューして間違いや不正を見抜けるのか?

はい。

これはぶっちゃけ簡単ではありません。

 

ですが、何か変じゃない?

というのは

僕の場合すぐにわかります。

 

そしておかしいなとなったら

中身をドリルダウンして納得できるまで

毎月やります。

 

これをやることで財務諸表がきれいになっていきますし

数字が自分の掌に乗っていくわけです。

 

そして、BSPLをレビューするだけだとはっきり言って

何が起こっているのか見えないくいのは事実です。

 

なので必ずBSPLだけでなく

CFも間接法で作成させて

CFをチェックするようにしています。

では、具体的にどうやってチェックするのかみていきます。

BSPLCFの具体的なレビューリスト

・仮払金・貸付金やその他債権等:内訳がきちんと作成されているか?と増減理由が妥当か確認する、Agingを確認し異常に古いものがないか?

・営業債権 :月の売上平均と比較して妥当な月数分が残っているか?、Agingを確認し異常に古いものがないか?

・棚卸資産:月の売上原価平均と比較して妥当な月数分が残っているか?、Agingを確認し異常に古いものがないか?、評価損益がきちんと上がっているか?

・買掛金、未払金:内訳がきちんと作成されているか?と増減理由が妥当か確認する、Agingを確認し異常に古いものがないか?

・売上:カットオフが正しくきられているか?、顧客別品群別の売上高の傾向ちが一定か?、説明できるか?

・売上原価:各品群ごとの原価率が一定となっているか?、傾向率に変化があれば要因を説明できるか?、製造原価の各費用項目の傾向ちが一定か?、説明できるか?

・販管費及び一般管理費 :増減内容が説明できるか?一定か?

・為替差損益、利息:増減内容を説明できるか?

・キャッシュ:営業CF、投資CF、財務CF内容がBSPLの状況から照らし合わせて妥当な内容になっているか?、損益と営業CFが解離している場合は何が理由か説明できるか?

投資CFに投資計画に基づいて内容が入っているか?

 

という感じですね。

ほとんどこれでBSPLの間違いはポイントアウトできてしまいます。

仕訳が全部入ってないと説明できる内容にならないのです。

比率がおかしくなったりするわけですね。

これができれば経理部長ができるというわけです。

 

そして不正が行われている場合は

こういった場面で説明ができない科目が出てきたり

おかしな数字の流れになっていたりして

それをドリルダウンするとわかってしまうものです。

 

ぜひ、皆さんも月次決算ではこのようにチェックをしてみてください。

どんどん数字に鋭くなっていけると思います。

ゲンタ