お勉強系

正しい質の高い努力をしないといつまでも人生変わらずで終わる

こんにちはゲンタです。

今日は正しい質の高い努力をしないと

いつまでたっても人生変えられないまま終わってしまう。

だから、正しい質の高い努力をしましょうという話をします。

何も考えず質の低い努力をしているとどうなるか?

何も考えずに質の低い努力ってなんだよって思うかもしれませんが、

常に質の低い努力をしている可能性があります。

僕も常にそう思ってます。

例えば、筋トレをしてるけど全然筋肉つかないなー

とか、

ダイエットしてるのに全然体重変わんないなー

とかわかりやすいと思います。

せっかくトレーニングに時間を使ったり、

食べ物を制限したりして努力しているのに、

結果がでない。

こういう状態になります。

 

いやですよね。

 

これは完全に何か質の低い努力をしているか、

もしくは、努力をしているつもりでできていないということです。

 

筋トレなんか顕著でやっぱり鍛え方っていうのがあります。

それを勉強して筋肉がつきやすいトレーニング方法で行うべきです。

これが質の高い努力です。

 

つまり、質の高い努力って勉強しましょうねっていう話です。

経理の仕事も同じです。

ただただ伝票起票してるだけでキャリアアップできません。

勉強して、ああ、この伝票起票ってもっとこうやったら効率的なんじゃないかな

とか、DXの流れの中でこの伝票起票の業務はなくなるように位置付けられてるな

他にもそういう仕事あるかな。

とかそういう視点で努力をしていくと良いわけです。

そういう意味でも勉強して頭を働かせる必要があるわけです。

勉強して頭を働かせるに当たって大事なことがあります。

それが質の高い努力に結びつきます。

勉強の効果も高まるし、思考も働きやすくなります。

じゃあ、質の高い努力はどうすればできるのよ?

こうありたいとゆう理想を持っていることです。

 

要はビジョンです。

ビジョンなんて曖昧な言葉でいうとわかりにくいですが、

ビジョンがある=「こうあるべき状態のイメージを持つこと」です。

 

例えば、

自分の将来の経理キャリアを考える時には、

いい経理人材ってどういう人のなのか?

どういう状態であるべきなのか?

 

んなこと、大抵の人は考えない。

なぜなら、あまりハッとする人が周りにいないからです。

 

だし、有名人に財務マンなんていない。

なんで、理想が見えにくい。

 

逆に理想があったらどうか?

すると、その人との違いがどこにあるか?

を考え、その差を埋めるための努力をしだす。

 

結果、正しい質の高い努力が可能になるわけです。

 

じゃあ、理想の財務マンをどうみつければいいんですか?

となる。

 

この思考に至っているだけでも

明らかに他人と差がついてます。

 

僕の場合は、周りにいなかった。

だから、本を読みました。

そして、ゲーリーウィルソンがみつかりました。

 

すると、やはり理想と自分の差を考えだします。

 

で、FCF改善してみようとか税務コスト削減してみようとか考えるようになりました。

こういう風に考えて行動していくと、他人と違うことをやるようになります。

 

他人と違うことをやるとどんどん結果が変わってきます。

差がつきすぎてやばいです。

 

ぜひ、様々な分野であるべき状態(=最高の状態)を見つけて

ビジョンを持って、質の高い努力をしてみてください。

確実に人生変わってくるはずです。

 

 

ということで今日は以上です。

 

ゲンタ