マインド/日常習慣の威力

話下手でプレゼンが苦手だった僕がプレゼン得意になった話

僕は元々話下手で、プレゼンは超苦手でした。

 

大学時代なんかゼミでプレゼンをした時に

全く用意をしなかった理由もありますけど、

開始30秒くらいで話につまって、

「ああ、うう、えー」なんていいながら、

場を凍り付かせてしまった恥ずかしい経験があります。

 

ですが、

ある方法を取り入れてから

めっちゃ得意になりましたし、

プレゼン資料を作るのもサクッと作れるようになりました。

 

実際、役員とか上司とか同僚からも

僕が説明をすると、

「お~~~そういうことか!

めっちゃわかりやすい~し、面白ーい」

って言われるようになりました。

 

その結果、役員がずらーっと並ぶ中でも

自信をもって決算説明をプレゼンすることもできるようになったし、

海外の外国人相手に自信をもってプレゼンすることもできるようになったし、

面接に行っても、そりゃあもう余裕レベルで全く緊張せずにしゃべれるようになりました。

 

じゃあ、そのある方法ってなあに?

となると思います。

 

結論から言うと、

資料を作ったら、一人でしゃべってみる

これだけです。

 

僕がプレゼンをうまくできるようになった理由は

ぜーんぶ、事前に資料を用意したうえで

一人でしゃべってみているからです。

さらに資料を直してもう一度しゃべってみてを繰り返して

納得いくまでやりきっているからなんです。

 

結局、慣れの世界でもあります。

 

資料を事前にしゃべらないで

いきなり本番で喋ったらうまくできないことがほとんどなので、

(特にこの習慣がない人は)

喋ったベースで我ながらよくわかってないなー

っていうところに突っ込みをいれていき、資料を直していく。

 

それを繰り返しているとめちゃくちゃ良いプレゼン資料が出来上がり、

かつ、

プレゼンもスムーズにいくのです。

 

さらに言うとこれは予行練習にもなります。

一人でやってできないことは

大勢の前でやってもうまくいくわけありません。

 

マジでプレゼンが苦手だーっていう人でもうすぐその機会がある人は

一度事前に資料を見ながらひとりで喋ってみてください。

ぶつぶつと言うだけでもいいので。

 

さらにこれを録音しておくとさらに良いです。

録音機を回すと脳みそが本気になるっていう効果と

後で聞き返せるという効果があります。

 

忘れたくないことをメモ帳にメモっておくのも大事ですが、

録音でメモっておくと、

さらに文字だけにはない

非言語的な部分も保存できる

というメリットもあります。

 

さらに録音をしておくと、

電車に乗っているときとか

散歩しているときとか

家から駅までの歩いてるときでも、

移動しながら学習をすることができるというメリットが

めっちゃ大きいです。

 

喋ってみるとか、

メモをつけてみるとか、

自分の外に

自分の脳みそで考えていることを見える化することは

超大事です。

 

自分の脳みその中だけで考えていると、

自分がどこまでわかっているのか?

自分が何を伝えたいのか?

がわからないものなのです。

 

終わり。