思考

経理として誰にどんな価値を与えられているのか感じられない

こんにちはゲンタです。

今日はまたまた読者の方からの質問で

面白いなーと思ったので引き続き

取り上げたいと思います。

ゲンタさんは経理財務の勉強のどこに興味があったのですか?

読者の方からあった質問はこれです。

ゲンタさんは経理財務のどこに興味があったのですか?

というものです。

 

この読者の方は

自分自身が経理として誰にどんな価値を与えられているのか感じられない

と言っています。

 

ああ、これ僕と同じだなと思いました。

 

僕自身、元々経理財務に興味があったというわけではないので

正直、今でもそこまで興味があるというわけではありません。

 

だからこそ、

別の領域の知識と組み合わせたりすることで

なんとか面白みを見出そうとしているわけです。

 

例えば、マーケティング、IT、コミュニケーションなどです。

これらと組み合わせることで経理財務のつまらない無味乾燥とした

知識が生き生きと使えるようになってくる。

そういうところにある意味で逆に興味を持っているという感じです。

経理財務の勉強って正直それだけだと面白くない

なので、経理財務の勉強って超つまらない

からこそ、他の知識と組み合わせることで

面白くなりやすいというわけです。

 

だから早いところ、

簿記1級やUSCPAなどを取得して

ベーシックな経理財務の基礎を押さえてしまった上で

マーケティングやITやコミュニケーションを学んでいき

実戦で使っていくことをおすすめします。

 

そうなるとかなり面白くなるはずです。

だし、そういう人がこれからの経理で

求められています。

間違いなく。

 

ゲンタ