「情報によって価値が変わっているもの」 に日常的に考えると思考力が上がる。

この記事は3分で読めます

こんにちはゲンタです。
 
 
今日は
「情報によって価値が変わっているもの」
に日常的に分析すると思考力が上がって楽しい。
という話をします。
 
 
 
これをやると、
思考力が鍛えられますからね。
 
 
 
自分の頭で考える力がついて、
自分で価値を創出できるようになります。
 
 
 
だし、単純に楽しいです。
あーー、こうやってんのかとなります。
 
 
具体的にやり方を教えますね。
 

コモディティ品 vs  ブランド品

世の中には、コモディティ品とブランド品があります。
 
これを分析してみようという話です。
 
 
早速発見したものをみて行きましょう。
 
 
コモディティってのは
塩ならただの塩。
 
 
例えば
アマゾンで塩で検索すると
こんな商品が出てきました。
 
 
 
 
商品名は「食塩」です。
もう典型的なコモディティ品です。
 
 
5kg✖️4袋=20kg で2,386円です。
 
つまり、1kg=120円 くらいですね。
 
 
 
 
対して、
付加価値がついてるブランド品を見てみます。
 
商品名は「粟國の塩」(釜炊き)〜いのちは海から
です。
 
 
これは何と250g 681円です。
 
1KG=2、700円です。
 
先ほどの商品が1KG=120円だったので、
22倍もの値段が付されているわけです。
 
ただの塩に
粟國の塩ブランドという情報がつくと
これだけ値段が上がるわけです。
 
 
 
 
 
粟國の塩は塩という商品に
それだけの付加価値をつけることに
成功していると言えるわけです。
 
 
たかが塩でできるなら、
他の商品だったら無限にできると思いません?
 
そこにビジネスチャンスがあると思うし、
そもそも、人間が生きていく上で
テンションが上がる要素が埋まっていると思うんですよね。
 
 
他にもみてみましょう。
 

タレントグッズ

 
他にもわかりやすいものだと
タレントグッズなんかがそうです。
 
ヨシキの監修のレトルトカレー、
ワイン、エナジードリンク。
 
カレー、ワイン、エナジードリンク ✖︎ ヨシキブランド
て感じでわかりやすく、
情報で価値が変化してます。
 
ヨシキは妙にマーケティング力高いすね。
 
Xをインディーズ時代に売り出すにあたっては、
CD買ったら抽選で冷蔵庫があたりみたいな
こともやってたらしい。
 
人の予想を超えることをするってのは、
マーケティング上も人の心を惹きつける
という点で有効です。
 
話がそれました。
 
 
 
もっと一般的なものなら、
 
デパ地下の高級菓子に付いてる
商品の歴史とかが書いてある説明書あるじゃないですか。
 
あの説明書があると
なんか高級品って感じしませんか?
 
あ〜、こんな歴史があって、
こんなことまで考えて作られた羊羹なんだ〜
モグモグ、うまいなぁ。
 
みたいな。
 
 
 
あれがあるだけで、
値段が上がってるんですよ。
 
 
もっと身近なところだと、
彼女にあげる誕生日プレゼントに
バッグをあげるとする
ここに手紙をつける。
 
手紙には
誕生日おめでとう
いつもありがとう
これからも一緒にいよう
みたいなことが書いてある。
 
手紙がある場合とない場合では、
相手の反応は大きく違う。
 

これを経理キャリアで考えてみると?

 
経理キャリアなら
ただの決算をやってきました。
 
これはコモディティだ。
 
それよりは
上場企業の決算をやってきました、
しかも日本基準とIFRS基準でやってました。
 
これでも努力の割に、
少し高いコモディティです。
 
 
財務会計スキル✖️英語スキル
 
これも、まあまあですが、
結構いますよね。
 
 
財務会計スキル✖️RPAスキル
 
これは結構少ないし、需要高いです。
 
 
財務会計スキル✖️人事スキル
 
財務会計スキル✖️マーケティングスキル
 
財務会計スキル✖️セールススキル
 
 
とかね。
 
 
人が少ないほど面白いと思います。
 
 
ということで、
今日は
「情報によって価値が変わっているもの」
に日常的に分析すると思考力が上がって楽しい。
という話でした。
 
ぜひ、今日の記事をベースに世の中や日常を分析して
思考力を鍛えてください。
 
最強のファイナンスマンになってください。
 

—————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業地獄系の仕事に飽き飽きしました。 その後、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。英語なんか全く喋れなかったのに、ビジネスで英語を使えるようになりました。 で、現在は海外でCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ