初心者向けコンテンツ

【CFO有名人伝】CFO学校の校長先生 ゲーリーウィルソン Gary L Wilson

こんにちはゲンタです。

 

最強のCFOはこの人しかいないでしょう。

Gary.L.Wilsonです。

 

現在のスーパーCFOと呼ばれる人達の
源流
であり、師匠と言えます。

 

つまり、経理屋さんから戦略家へ
ファイナンスのポジショニングを
変えたのがこの人である。

 

ゲーリーウィルソンは、こんなこと言ってます。

CFOはマーケターと同様に、創造性によって付加価値を生む」

 

僕はファイナンスの領域で創造性のある仕事をしてるなあ、

って思った人をまったく見たことありません。

 

なぜか?

 

それは、

ファイナンスは正直、お勉強系だけでも仕事になってしまう分野である

からです。

 

実際、僕もそうでした。

決算やってれば給料はもらえる、

税務申告すれば給料はもらえる。

といった感じです。

 

法務や総務の分野も似てますね。

 

逆に言えば、創造性を発揮すべき領域ががら空きの可能性が高いと思われます。

その意味で、ブルーオーシャン過ぎます。

だって、みんなやる必要ないと思っているから。

 

やる必要ないと思っている人たちの中で

創造性をたらして仕事をしてみたら、

そりゃあ、スーパーブルーオーシャンですよね。

 

そう思いませんか?

 

僕はゲーリーウィルソンは
マーケティングを割と本格的に勉強したんじゃないかな
と思います。

 

マーケティングの領域はかなり創造性を要する領域であり、

そのような思考を要求するようになっています。

 

財務も本当は創造性を要求されるのですが、

それをやってないんだけなんですが・・

 

実際にウィルソンは、財務の専門知識を
ベースに創造性を発揮して、
企業価値を爆発的に増加させることに
何度も成功しています。

 

ウィルソンの略歴を見ることは
将来、CFOになりたい人や
経理で行き詰まりを感じている人には
めちゃくちゃ参考になるはずです。

ゲーリーウィルソンの経歴

というわけで、
ウィルソンの略歴を見てまいりましょう。

と、その前に写真です。

なかなか、渋い感じで素直にかっこいいっすね。

 

1963年に、
ペンシルバニア大学MBA卒した後に、
フィリピンのTrans-Philippine’s Investment社に入社します。

 

この会社は砂糖の会社なんですが、

米国でのトップスクールでMBAをとった後に

なぜかフィリピンの砂糖会社に入ってしまう

あたりから普通じゃないなという感じがしますね。

(実際、ウィルソンはアジアで働いていたようです)

 

で、この会社では早速CFOとして、

財務管理から経営企画などを11年経験しました。

 

なぜ、MBAを取得したのに、

フィリピンの小さい砂糖会社に入ったか?

「小さい会社だと早くに全体感がわかり、
より戦略的な仕事にかかわれる」

といってます。

 

これ、僕もわかります。

 

でかい会社に入るとひたすら送金やら

APARの消し込みばかりやらされたりしますが、

 

ちっこい会社はそれもやりながら、

資金繰り予算管理、コスト削減やらなんでもやらされます。

 

結果、全体像を見失わずに済む
とゆうわけです。

 

全体像がわかると、
自由な精神が湧いて
きます。

で、創造性を発揮できる
というわけです。

実際、ゲーリーウィルソンはこの砂糖会社在籍中から

異彩を放った業績を上げています。

 

メイン事業である砂糖の精製工場や

セメント工場やジュート工場を売却してしまい、

 

AG&Pというアジアで最も大きい建設会社の買収を行い、

 

ただのフィリピンの小さい砂糖会社から

一気にアジアNo1の建設会社に会社の業態を変えてしまいました。

 

この時に使ったファイナンスのテクニックが、

レバレッジバイアウト(LBO)という手法です。

 

要は買収した会社の資産と将来キャッシュフローを担保に

買収資金を賄い、将来返済していくという仕組みを

使って買収するという方法です。

 

ソフトバンクがボーダーフォンを買収した時も

同じ手法を使って小さいソフトバンクが

その何倍もでかいボーダーフォンを買収しましたね。

 

このLBOっていうのは、

CFOが派手に価値を生み出す手法として効果的なので

密かに僕もどこかで一回使ってみたいと思ってます。

 

で、
1974
年にアジアからアメリカに戻ってきて、

マリオットホテルに財務・経営企画担当の入社しました。

 

まだこの時マリオットホテルは中堅企業であり、

時価総額は2億ドル程度でした。

(つまり今のレートで換算したら250億円くらいですね)

 

1985年にウォルトディズニーのCFOになるまで勤めており、
財務、経営企画などを担当してCFOに就任した。

 

ウィルソンはこのマリオットホテルで
華々しい成果をあげまくりました。

 

また、このマリオットでファイナンスの部下達が

次々とスーパーCFOとして旅立っていったのです。

 

では、どんなことをやったのかをみてみましょう。

マリオットで創造性を使って、業績をあげた事例

特に特徴的なものとして、
ホテルの不動産を売却してしまい、
マリオットホテルのコア事業を
ホテルのオペレーションとブランドに
絞ったことである。

 

つまり、ホテル事業というのは
不動産保有とホテル運営から成り立つと考えて、

 

不動産保有部分のビジネスから離れて、
不動産オーナーを募ることで
マリオットが持つ一番の強みであるホテル経営という独自資産を徹底活用する戦略をとったわけです。

 

そのことによって、資金的な制約がなくなり、
次々と競争力のあるホテルを
ライバルを置き去りにして新規出店できることとなった。

 

その時の資金調達時に活用したのが、
Limited partnership
という手法であり、
税制面で優遇されるため、
投資家が集まりやすかった。

 

このLimited partnershipで何がメリットなのか?

について少し考えてみましょう。

(少しややこしいですが)

—————————————————————————-

例えば、10億円もっている投資家10人から出資を受けて

100億円でホテルを建設する。

 

で、そのホテル経営をマリオットが受託する。

 

LPはパススルー課税という方式であるので、

(ホテル売上かかった経費マリオットへ管理コスト)×1-税率)=投資家10人の取り分

となるのが、LP方式である。

 

通常(マリオットへの株式出資)であれば、

マリオットの純利益×配当性向=配当金となり、

実質的な手取りはへります。

さらに配当の場合は追加の所得税もかかるため、

配当金×1-所得税)=取り分

という形になる。

つまり、株式投資の場合の取り分は

LP方式に比べてめちゃくちゃ少なくなるというわけである。

——————————————————————————————-

 

このようにみていくとファイナンスが正に
儲けの仕組み作りに加担している

ことがわかりますよね。

 

つまり、ファイナンスの知識を使い、
マーケティングしている実例なんですね。

 

強みをホテル経営ノウハウに絞りこみ、

不動産を売却するという発想は

完全にマーケティングの脳みそです。

 

で、そこにLP方式での資金調達というファイナンスの専門知識を活かして

この戦略を具現化したわけです。

 

こんな感じでマリオットの事業をどんどん成長させていき、

1978年入社時の時価総額が2億ドル(今のレートで250億円くらいですね)だったのが

1987年には時価総額が36億ドルとなりました。(今のレートで4500億円くらいですね)

 

フィリピン時代、マリオット時代をみてもわかる通り、

「他人の金を使い、カネを稼ぐ」

これがウィルソンの得意技だったようです。

 

また、

彼のマリオットホテル時代の部下には
注目すべきCFOが多く育ちました。

 

今後この教え子たちの動向も見ていきたいと思いますので、
バーッと漏れなくピックアップしてみます。

 

ゲリーテグッズマン
シックストオローザ3
デニスBブロック
アルフレッドチェッキ(ノースウェスト航空会長)
ルイスピラネーバ
ダンカンコクロフト(スミスクラインベックマン)
トーマスカレン(マリオットホテル)
ダニエルダニエロ(カーライル)
ピータースターリング(バスブラザーズ)
ジョンダスバーグ(マリオットホテル)
ローレンマーフィー(ディズニー)
ステファンボーレンバック(ヒルトン)
ネイルマッカーシー(ディズニー)
ステファンノリス(カーライル)

 

マリオット後のウィルソンは?

1985年にウォルトディズニーにCFOとして移籍しました。

 

ディズニー在籍中はディズニーのブランドエクイティを最大限活用して、

パーク事業だけでなく、主にホテル事業や映画事業を成長させました。

 

ディズニーのCFOを教え子のステファンボーレンバックに指名した後には、

ノースウェスト航空のLBOに参画してついにはオーナーになりました。

 

そして彼はこんなことを言っています。

「マーケティングとオペレーションと同様にファイナンスも重視すべきである。

この3つのバランスをとっていくことがGreat companyになる重要なポイントだ」

「私は財務の専門知識をバックグラウンドに持ったビジネス戦略家だ」

 

ということを言っています。

 

このビジネス戦略というのはマーケティングを勉強するとわかるのですが、

ほぼほぼズバリ、マーケティングのことなんです。

 

つまり彼はファイナンス専門知識をベースにして、

マーケティングを勉強しまくって使い倒したと推測します。

まとめ

ファイナンス系のキャリアで行き詰っているなら、

マーケティングを勉強してマーケティングとファイナンスの専門知識を組み合わせて、

創造性を使って新しい仕事を企画してみよう。

そこには間違いなく、スーパーブルーオーシャンが広がっています。

 

大きい会社で行き詰っているなら小さい会社(ベンチャーなど)に行くことも検討してみよう。

小さい会社でなら、大きい会社で働くよりもより視座を上げて仕事をすることができる。

 

他人の金を使って、稼ぐことはできないかと考えてみましょう。

 

このあたりの型を意識して仕事中に考えてみたら、

やれることってめっちゃある気がしてきます。

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。