【思考】経理マンこそプレゼン上手くなりやすい

この記事は4分で読めます

こんにちはゲンタです。

今日は、経理マンこそプレゼンが上手くなりやすいというテーマで

話していきたいと思います。

 

経理マンって仕事中あまりプレゼンする機会がないんじゃない?

 

というような声が聞こえてきそうです。

 

はい。

その通りです。

そもそも、経理マンってほとんど仕事中に話すことがない人が多いです。

 

でも、

逆に、仕事中に話しまくっている人もいます。

 

それは、CFOだったり、管理職で他部署と折衝している人だったりです。

または、プロジェクトを推進している人だったり、決算発表でプレゼンしている人だったりです。

 

スタッフレベルの人はほとんど喋らずに、

PCに向かって伝票を打ち込んだり、

ERPからデータをダウンロードして、

エクセルで分析資料を作ったり

だったりです。

 

だから、結構、経理マンの人って

俺はプレゼンが苦手だーー

ああ、明日プレゼン嫌だなー、緊張するなー

と思っている人が多いです。

 

そもそも、そういうのが嫌いだから経理を選んだっていう人が多いかもしれません。

 

明日、会議プレゼンあるんだよね。

嫌だなー、

 

確かに僕自身、あまりプレゼンが好きではありませんでした。

ですが、今ではかなりプレゼンが結構好きです。

 

どうやって経理マンの僕がプレゼンが好きになったのか?

単純な話でして、

上手くなったからです。

正直、全く緊張しないですし、

サラサラと喋れるようになりました。

 

どうやって、緊張しなくなったのか?

 

これまた、単純な話でして、

プレゼンの前に何度も何度も一人で練習するからです。

予行練習するってわけです。

 

僕が本格的にこれをやったのは、

役員がずらっと並ぶ席で、

プレゼンをする機会を与えられた時です。

 

やべーーーーー

超緊張するわーーーー

なんでこんなペーペーが

役員がずらっと並ぶ会議でプレゼンしなきゃなんないだーーー

勘弁してくれーーー

どうしよう

 

ってなりました。

 

ですが、

結局、やらざるをえないわけで、

覚悟を決めました。

 

と、と、とりあえず、練習しよう。

 

最初はシャワーを浴びながら家でブツクサブツクサやってました。

すると、少しできそう感がでてきました。

 

次に会社の空いている会議室でパワポを見ながら、

本番さながらに声に出して練習をやりました。

 

そうすると、資料をなおしたくなりまして、

なおしては、喋り、なおしては喋り、

を一人で繰り返しました。

 

その結果、スラスラと喋れるようになりました。

さらにさらに、

パワポの資料もブラッシュアップされて

見やすくわかりやすいものになりました。

 

そうなると、当然ですが、

本番の役員がずらっと並んだ会議でも

平常心で緊張せずにプレゼンができたってわけです。

 

何と、プレゼンって予行練習をしまくれば上手くなるんです。

 

これ当たり前ですよね?

 

例えば、芸人さんがトークをするとき、

当然ながらネタ仕込みから始まり、

相方と何度も何度も練習します。

 

で、やっと本番を迎えて、無事に突っかかることなく

トークを完了できるわけです。

 

プレゼンも芸人のトークと同じなんです。

 

事前のネタ仕込み=パワポの準備

→喋りながら、ブラッシュアップ

 

で、トークの予行練習=パワポを見ながら一人プレゼン

お得なのは経理マンは割とプレゼンが苦手だと思っている人が多いこと

 

経理マンって、プレゼン嫌だなーと思っている人が多いです。

これをですね。

ネタ仕込み、予行練習方式を取り入れて、

プレゼン好きに変わるとするじゃないですか。

 

そうすると、ああ、あいつは喋りが行けるんだなと思われます

喋りが行ける人って、管理職になりやすいんですよ。

なぜなら、人をまとめる時って、喋りがどうしても必要だからです。

 

で、ちょっとプレゼンがうまいだけで、

そうゆう立場にしちゃうかって判断が上の人は働くわけですね。

 

これ大事なポイントです。

マネジメントになるひとは、

会計の知識がめちゃくちゃある人よりも、

プレゼンが得意でコミュ力がある人の方が断然なりやすい。

 

これはまちがいないです。

僕がこれまで見てきた上に行く人っていうのは、

知識がある奴よりも、喋りがうまいやつがなります。

 

よくごますりがうまいやつのが上に行くとかって言いますけど、

真実は喋りがうまいやつが上にいくんです。

 

せっかく、一生懸命勉強して会計知識がめちゃくちゃあるのに

マネージャーにもなれないなんて勿体無いですよ。

ちょっと、プレゼンの練習して上手くなれば

すぐにマネージャーに行けたりするんですから。

やらない手はなくないですか?

 

コミュ力があると見なされるには、

プレゼンが得意だなと思わせることが

一番簡単です。

 

経理マンほどプレゼン市場がブルーオーシャンなので、

経理マンほどプレゼンが上手くなりやすいっていうわけです。

 

やり方はネタ仕込み→予行練習→ネタのブラッシュアップ→予行練習

です。

 

ぜひ、試してみてください。

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業系の仕事に飽き飽きしました。 その後は、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。 で、現在は海外駐在してCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ