初心者向けコンテンツ

30代前半未経験から経理になった後にどこでも通用するスキルを手にする方法

こんばんはゲンタです。

 

今日は30代でまるっきりの経理未経験から経理になった後に

どうやったらどこでも通用する経理になれるのかについて話していきます。

 

会社がなくなっても潰しがきく人材になっていれば

怖くないってわけです。

(ちなみに30代未経験からの経理になる方法はこちらをみてください)

 

会社がなくなっても潰しがきく人材になるって、凄く良くないですか?

 

でも、残念ながらほとんどの経理マンは今の会社がなくなったら

現在の年収を下げて新しい会社に勤めるしか選択肢がないってのが現実でしょう。

でも、それは今の会社が人を育てる能力がなさすぎるのが問題の根本な訳です。

 

僕もそうでしたが、経理になろうとする人って、

将来をしっかりと考えようとする人が多いです。

 

それってめっちゃ大事なことでして、

正しい方向に行動をフォーカスして努力すれば

年収をあげてどこでも潰しがきく人材に間違いなくなれます。

 

では、いってみましょう。

 

中小企業経理に入ったら、2〜3年後の上場企業への転職に向けて活動する

え?

いきなり転職を考えるの?

となるかもしれませんが、

 

潰しがきくスキルを身につけるなら

ある程度尖ったスキルを持つと

同じ意味です。

 

中小企業で経理経験しているだけでは、

やはり、弱いです。

 

王道は上場企業に行くことです。

上場企業に行くと、

社会的に信用もされますし、

年収も高いです。

 

40歳で800万から1000万くらいは

狙えるはずです。

 

でも、

今の段階では

そんなのあり得ないとか

思う人がいるかもしれません。

が、大丈夫です。

 

次の3つのことをやれば十分いけます。

最悪、ダメでももう一つの道も考えています。

 

中小経理に入ったら上場企業転職目指してやるべき3つのこと

 

Step 1.月次決算経験と資金繰りと予算経験を2

まず、

中小企業は基本的には

上場企業経理とは全く異なります。

 

税務申告をベースにした会計なので、

レベルとしては月次決算レベルまでの

経験ができるわけです。

 

しかも、

税務申告は会計事務所に委託している

ケースがほとんどです。

 

ぼくが中小企業にいた時は

この会計事務所から月に一度来る方に

めちゃくちゃ色々聞いてました。

 

vlookupもこれで知ったくらいです。

 

後は人も少ないので、

何でも経験できるものは

経験しちゃいます。

 

資金繰りやら金融機関対応やら

税務調査対応やら予算管理やら

まあ、何でもやっときましょう。

 

で、

経験したらバンバン職務経歴書に書いていくんです。

これをやると

何でもやっておこうと思うようになります。

 

こんな感じで、

経理経験をどんどんしていき、

レジュメに書いていってみてください。

 

あー、結構やってきたんだな

とか思えるはずです。

 

Step2.簿記一級の取得

次はできればですが、

簿記一級を取ります。

 

これ、正直結構大変です。

 

僕は2回も落ちました、、、。

すげー、親の仇のように

計算機を使わされます。

 

しかし、

受かるとこれは上場企業経理の実力があると

ほぼ同意です。

 

実際、僕が採用面接官の時は

そのように評価していました。

 

次の候補者の経理のスキルはどうかな?

あー、簿記一級か

オーケーだな。

みたいに。

 

なので、

次に上場企業に行くという前提なら、

簿記一級があると

めちゃくちゃ転職活動が楽になります。

 

自己PRや志望動機も

やる気をみせつけて、

スーッと話せます。

 

ちなみに、

簿記一級を取得する場合は、

1年間くらいをみた方が良いです。

 

絶対に予備校に通ってください。

独学絶対ダメ!

 

3.転職エージェントと連絡を密にとり市場価値を確認し続けて1.2.が終わったら新興市場上場企業に転職する

エージェントに3ヶ月に一回会うことをつづけてください。

 

今、自分がどこまできたか?

がわかります。

 

2年くらい経理経験ができて、

かつ、

簿記一級がとれていたら、

確実に新興市場上場企業の経理に応募しても、

書類は通過するようになります。

 

で、

面接でこんな感じで話すのを

5案件くらいやれば、

スーッと合格しちゃうでしょう。

 

ちなみに下記の記事で僕の実体験(候補者としての経験と採用側としての経験の両方)をベースに

転職エージェントの紹介をしていますのでよかったら参考にしてみてください。

経理キャリアのおすすめ転職エージェントまとめ

 

新興上場企業に転職した後はどうする?

この時点で年齢は

36才くらいになっているとしたら、

次に目指すのはマネージャーポジションです。

 

その会社で連結や開示なんかを

3年くらい経験したら、

どこでも雇ってくれるようになります。

 

つまり、

くいっぱぐれがない

潰しがきく存在になれます。

 

なぜかというと、

上場企業自体日本に3600社くらいしか

ないわけで、

 

そこで連結や開示ができる人材なんて

まあ、少ないわけです。

 

希少価値が高いスキルだから、

くいっぱぐれがないわけです。

マネージャーに40才くらいになるのを

目標にするわけですが、

社内の年齢構成なんかをみて

現職では難しそうだとなれば、

転職を考えてみてください。

 

転職まで視野に入れて

これくらいのスキルがあれば、

40才でマネージャーに

なれないわけがないです。

 

ただし、この段階になると、

コミュニケーション能力が絶対的に重要になってきます。

 

40才で新興上場企業の

マネージャーになれば、

800万から1000万くらいに

なります。

 

後、やっておくべきは、

英語とか管理会計とか

プレゼンスキルを鍛えていくことですね。

 

こういったことを

やっていくと

経理部長やCFOも視野に

入ってきます。

 

このブログの目的は

思考型のファイナンスマンを

日本に増やしていくことなんで、

この辺の話は下記の記事で話していますので、参考にしてみてください。

 

30代経理経験者のためのキャリア戦略 〜 年収1千万超えの経理マネージャーへの道

 

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。