お勉強系

SAPに学ぶファイナンスがビジネスパートナー機能を強化する方法

こんにちはゲンタです。

今日はSAP社の近年のファイナンス機能の強化について

学んだのでアウトプットしていきます。

SAPのファイナンス機能の強化方向性

結論から言ってしまいますと、

オペレーション工数を減らして=作業仕事を減らして、

ビジネスパートナー機能の工数をふやした=思考型仕事を増やした。

ということです。

 

これをどのように時間の使い方を変えていったのか?

うちでそれをやるとしたらどこから手をつけられるか?

という視点でみていくことが大切です。

どうやって時間の使い方を変えて行ったのか?

背景として、2011年から2016年の間に買収案件が多く、

取引ボリュームが3割増加したというのがあります。

ですが、この間にオペレーションコストは下げることができたということです。

 

本題のどうやって?ですが、

シェアードサービス化と自動化の2つが要因です。

買収企業の関節業務をシェアードサービスに集約化して、簡素化・標準化をした上で

自動化に取り組む。

 

これによってオペレーションコストを下げることに成功でき、

ファインナンス部門の工数を減らすことができたというわけです。

 

その結果、ファイナンス部門のコアメンバーはより

ビジネスパートナー機能にフォーカスする時間を増やすことができた。

というお手本のような事例です。

 

しかし、実際にこれらを導入している時の混乱があったでしょうし、

現在でも、これをフルで使えているところは少ないのではないか

とも思います。

SAP事例から学ぶこと

SAPがやっていることは

おそらく他社の数歩先に行っていると思われます。

なのでSAPを後追いするだけでも勉強になります。

ぜひ皆さんもSAPの動きは注視していただいた方が良いと思います。

今日は財務機能の強化の方向性についてお話させていただきました。

ありがとうございました。

 

ゲンタ