マインド/日常習慣の威力

仕事で頑張っているのに評価されない!

こんにちはゲンタです。

今日は読者から質問がありまして、

僕もあったなーってなったので

シェアします。

 

仕事で頑張っているのに評価されない!

とゆう問題です。

 

こんなにやってんのに

なんで賞与評価でプラスされないんだ!

なんで昇格できないんだ!

 

僕も昔はよく思ってました。

ゲンタが賞与評価で良い点を取れなかった話

すごい色んなプロジェクトやり遂げて

貢献してるはず。

 

こりゃ、賞与評価で良い点とって

ボーナスいっぱいもらえるだろーなー

 

賞与面談。

 

上司から

「頑張ってるのわかるけど、

 今回はこれで」

「え?並の点数すか?

 なんで?」

「え?え?」

 

上司

「気持ちわかるけど、

 毎回はこれが評価点だ。」

 

ガーン

意味わからん

となりました。

 

いや、ぶっちゃけ

周り見ても明らかに

自分が色んなプロジェクトやり遂げたんだけどな。

おかしいだろ!

くそ

 

人事評価は自分で操作できる!

人事評価は結局他人がやるもんなので

自分が影響を与えられる輪に入ってません。

 

いくら不満を言ってもどうこうできません。

 

上司が行った人事評価は

自分で間違ってんなーと思えば良いです。

 

なぜなら、

上司が行う人事評価は自分の仕事達成度だけでなく、

他人の昇進なども影響するからです。

 

例えば

自分より歳上でそこそこって人がいて

昇格させたいけど、

評価点をあげないと、あげらんない。

 

じゃあ、あいつには、悪いが今回はあいつに泣いてもらうか。

とか、

あいつ、昔頑張ったとき良い評価あげらんなかったな。

今回で補ってやるか

とか

 

人事評価には謎のファクターがあるんですよ。

結局評価って相対評価ですから。

なんだかんだで

枠が決まってるわけです。

 

採用面接も同じで、

謎のファクターがあります。

 

あー、この間面接した彼、活躍するだろうけど、

うちのお局とぶつかりそうなキャラだな

やめとこ

とかね。

 

そんなんで、

いちいち心揺らしてらんないんですわ

 

だから、人事評価は自分でやるんです。

 

自分でたてた目標に対して

達成してるかどうかで判断します。

 

で、それが上司評価とずれたら

理由を聞いていきます。

 

で、あー、実際は評価してくれてるけど

謎のファクターで歪んでる!

と感じたらスルーです。

 

リアルに評価してないと感じたら

ロジカルに問い詰めましょう。

心揺らさずにね。

 

リアルにわけわからん評価なら

転職してやるぜ!

とゆう態度でいきましょう。

 

なぜなら、このブログで書いてるように

行動したら、市場価値クソ高いはずですから。

入れ食いですよ。

 

とゆことで、

堂々と人事評価を受けましょうね。

 

変な評価されて

納得できないときは

気楽にご連絡くださいねー。

相談のります。

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。