転職

FP&Aの年収ってどれくらいなの?

こんにちはゲンタです。

 

今日はずばり気になる年収の話です。

僕が再三推しているFP&A(管理会計)の仕事の年収ってどれくらいなのか?

について解説していきたいと思います。

 

別の記事でも解説していますが、

本当にちょっと昔はFP&Aという職種は外資系にしかありませんでした。

が、最近では日系企業もFP&Aという名前の職種で募集するようになってきました。

最近ではソフトバンクや資生堂やNECなんかもこの職種名を使い出してますね。

ただ、名前はFP&Aになったけど、中身もちゃんと変わったのか??がポイントですけど。。

FP&Aの年収を転職サイトで調べてみました

・日系中堅企業FP&Aスタッフクラス:500−800万円

・外資系部下なしFP&Aマネージャークラス:800−1000万円

・日系大手FP&Aスタッフクラス:550ー700万円

・大手外資系アナリスト:700−900万円

・大手外資系FP&Aマネージャー:ー1200万円

・外資系シニアアナリスト:600−900万円

・大手外資消費財FP&A Specialist:1100ー1800万円

・外資系FP&A Manager:1400万円

 

といった感じですね。

やっぱり、マネージャーを超えると1000万に到達するというところですね。

正直、以前ほど高いって感じじゃなくなっているような印象です。

 

ただ、確実に言えるのは、制度会計よりもFP&Aの方が

間違いなく年収が高めに設定されています。

その理由を説明していきます。

FP&Aに部下なしマネージャー案件が多数ある理由とは?

例えば、FP&A Specialistとか

FP&Aマネージャー(部下なし)っていうのがありますが、

年収高いですよね?

 

これはぶっちゃけただのFP&A担当者(=手を動かす人)なのですが、

マネージャーのポジションとかよくわからんSpecialistっていうポジションにしないと、

年収をあげられないからこういった形にしているものと思われます。

 

僕も実際海外でですが、

部下のFP&Aで手を動かしてくれる奴を採用しようとしたときには

このような形で採用せざるを得ませんでした。

 

制度会計とは年収レベルの違いを感じました。

そうでないときちんとした人を採用できないというわけです。

というか、そもそもFP&Aの人材層がめちゃくちゃ薄く少ないのです。

結果、それだけ年収レベルが高くなってしまう・・・わけです。

つまり、採用サイドからしたら、うーんという感じです。

が、候補者サイドからしたら、FP&Aは高給で魅力的であることは間違いありません。

要は需給が逼迫しているというわけです。

今日の結論

FP&Aの年収は需給が逼迫していることから高くなりがちである。

なぜなら、日系企業でさえも管理会計業務をFP&Aと言い出しており、

RPA化が進む中で制度会計よりも管理会計=FP&A業務の重要性が確実に進んでおあり、

かつ、FP&Aとしてきちんと経験した人材は世界的にも層が薄いからである。

そのため、手を動かすクラスでもしっかりとしたFP&A経験があれば

マネージャークラスの給料をもらえてしまうことがある。

だから、みなさん、重要なスキルであるFP&A=管理会計スキルを学んで鍛えていきましょう〜。というわけでした。

ありがとうございました。

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。