株主価値、事業価値、企業価値ってどう違うの?〜ソフトバンクの決算説明会から考える

この記事は3分で読めます

こんにちはゲンタです。

 

今日はソフトバンクの決算説明会の動画をみていました。

 

その中の孫正義さんの発言で、

株主価値を一番重視している。それ以外はある意味詳細です。あまり意味がありません。

というものがありました。

 

この発言の背景は、ソフトバンクが事業会社から完全に投資会社へ脱皮したことを意味しています。

 

今回の決算で営業利益は81%増加しましたが、

ソフトバンクビジョンファンドの営業利益が

これに貢献しているのです。

 

しかし、その営業利益の増加はほぼSVFの投資先の株式評価益によっているというものです。

こういう会計上の売上、営業利益などをみてもしょうがないというわけです。

 

孫社長はここをみて経営していないと明確に言っています。

何をみているか?

 

株主価値をみていると言っています。

まあ、そりゃあそうなんです。

 

なぜなら、孫社長はソフトバンクを投資企業としてみて経営しているからです。

有望な投資先にお金を投資して、投資先が成長することによって

投資したお金が膨らませていくべく経営しているわけです。

なので、営業利益なんかではなく、株主価値がどうなったのか?を重視しているわけです。

 

株主価値ってなによ?

M&Aなどのバリュエーションなどで株主価値の計算が出てきます。

 

ですが、恥ずかしながら僕も昔よく、

株主価値、企業価値、事業価値、時価総額と言った似たような概念が、

いつもごっちゃになっていました。

 

似たような言葉でわかりにくいんですよね。

 

ですが、企業価値と株主価値は明確に異なります。

 

なので、これらがごっちゃになる人やこれらを知らない人のために

これらをはっきりとわかるように、説明していこうと思います。

 

事業価値と企業価値と株主価値とは?

まずはこのチャートをみてください。

これがわかっていればこれらの概念がわかっていることとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時価総額(株主価値)

発行済株式数✖️株価=時価総額

で計算されます。

 

まあ、わかりやすいですよね。

 

事業価値

時価総額+Net Debt(=有利子負債ー非事業価値)=事業価値=EV(Enterprise Value)

となります。

 

事業を行うことによって生み出される将来の価値の現在価値のことです。

 

なので、もう一つの計算方法としては

将来CFを割引率で割り引くことによって計算されることもあります。

 

計算の考え方が異なるので、ここではあくまでも補足とさせてもらいます。

 

よくバリュエーションでは、同業他社のEV/EBITDAの中央値や平均値を使って、

その会社のEBIDTAに上記EBIDTA倍率をかけてそこからNet Debtを差し引いて株価を算定したりします。

それに加えて、将来CFを割り引いてDCF法でEVを出してNet Debtを差し引いて株価を算定します。

これらを比較検討して、最終的に価格を決めるわけです。

 

ちょっとややこしいと思うので、ここでわからないなと思ったらこの部分は飛ばしてください。

また別にわかりやすく説明します。

 

非事業価値

保有している現預金、短期の有価証券(金融商品)の時価のことです。

 

企業価値

時価総額+有利子負債=企業価値

となります。

 

というように計算されます。

 

これらの計算方法は結構、間違えやすいですし、

会計士でも間違えやすいところだったりするので覚えておくと

すげーと思われたりすることもあるかもです。

(知ってるからって価値が生み出せるってわけでもないのですが)

 

ちなみに、

孫さんのプレゼンの中では株主価値=保有株式のFair Value – Net Debtが、

ソフトバンクの本来の価値だとして説明されていました。

 

これに対して、実際の時価総額は大きく下回っているというわけです。

 

今日のお勧めアクション

 

何にしても、ソフトバンクの決算説明会の孫正義社長のプレゼン内容は

財務的にも勉強になるし、ビジネスの今後の方向性を感じる上でも勉強になるので、

ぜひみていただくことをお勧めします。

 

AIを使ってどうやってビジネスを拡大していくのか?

について親切に孫社長自ら教えてくれています。

https://webcast.softbank.jp/ja/detail/video/ref:20190509_01_ja

 

ゲンタ

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

その後、零細企業になんとか潜り込みました。

そのあとは、簿記1級やUSCPAを取得したりつつ、

転職活動をやりまくりました。

その結果、一部上場企業に入社することができました。

決算などの作業仕事はほぼやらず、

プロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしました。

今では海外でCFOをやっています。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

上場企業のCFOになってクリエイティブな仕事やろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業系の仕事に飽き飽きしました。 その後は、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。 で、現在は海外駐在してCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ