なんか最近、集中できない・・・。そんな時は、フロー状態の威力を使おうぜ

この記事は3分で読めます

僕は昔、

毎朝30分英語の勉強するぞとか言っておきながら、

ダラダラして何にもできなかった。

 

毎朝、読書をして

マインドマップを書いて

解説の録音をするぞ!

と意気込んでもできなかったり、

 

週に3回ランニングして

痩せるぞと言ってもできなかったり、

ちょっとやっても

集中できずに終わったり・・・・。

 

ですが、

これを打破する2つの特効薬(=ノルマをこなしていくための)を発見したので、

自分用のメモとしても書いておきたいと思います。

 

ちなみにこの方法は自分で実践して

めちゃくちゃ効果が高かったので

忘れてしまわないように書いているのです。

 

それはこの2つです。

 

1.前日の夜にハードルの低い明日の行動リストをかく(行動のハードルを下げる)

2.フロー状態になるまで一定のリズムで体を動かし続ける(フロー状態に入る)

地味なですが、めっちゃ効きます。

 

ちなみに、

行動のハードルを下げるっていうのは、

こちらにも超具体的に発見した時の状況を

書いているのでぜひ読んでみてください。

 

それではいってみましょう。

1.前日の夜にハードルの低い明日の行動リストをかく(行動のハードルを下げる)

 

ハードルを低くっていうのは、

要は簡単にできることをやる

という話です。

 

例えば、

5キロ走るじゃなくて、5分歩くだけとか、

30分英語の勉強するじゃなくて、1行音読するだけとか、

ということです。

 

 

このだけっていう考え方はめっちゃ重要ですし、

面白い言葉です。

だけっていう言葉を使うと、

なぜか物事の本質が見えるんですよね。

これはまた別途話します。

 

話を戻します。

 

5分歩くだけとか、

1行音読するだけとか、

そんなの絶対できるじゃないですか。

 

人間それならできるわとなると、

だったらやるかーとなるわけです。

 

そういう人間の性質を利用しているわけです。

5キロ走るのかーー

いやー無理っしょ。

 

時間ないし、だるいし、

となるくらいなら、

5分だけでも歩いた方がマシです。

 

で、次です。

2.フロー状態になるまで一定のリズムで体を動かし続ける(フロー状態に入る)

ていうのがどういうことかというと。

 

要は、

体を動かして行くと、

意外とダラダラとやり続けちゃう

っていう

人間の性質(慣性の法則)

逆に利用するわけです。

 

 

僕はこれを

実際にめちゃくちゃ使っています。

 

例えば、

あーなんか最近太ってきたし、運動不足なんだよなあ、

朝、ランニングしたいなー

って思ってました。

 

でも、

朝起きて走るのだるいよなー

どうしよう。

 

まあ、

3分歩くだけならできるでしょ、

ということで、

 

iPhoneのメモ帳に

明日のTo Doリストとして

”5時半に起きすぐにシャワーを浴びた後に3分歩く”

超具体的にハードルを下げた行動プランを書くわけです。

 

で、

朝起きた瞬間にシャワーにいき目を覚まさせる

で、シャワーを浴びながら

あーだるいけどとりあえず着替えて

3分だけ歩くならいいかと

外に出るわけです。

 

そうして、

歩いていたら、

あーせっかくだから走るか

と言って走っていたると

リズムに乗ってきて

意外と20分くらいなら

楽に走ってしまっていました。

 

これって、完全に慣性の法則なんですよ。

 

それがフロー状態にもなってきて、

走りながら、

すごい集中してくるんですね。

 

これって凄くないですか?

 

何にでも使えちゃうんですよ、このやり方って。

 

例えば、

勉強だったら、

あーUSCPAの勉強面倒臭いなー

毎日 Multiple Choiceかー

まあ、とりあえず、

REGMCを一問だけ音読するだけやるか

これをTo Doに書いておく。

 

明日の朝、起きたら

REGChapter2のMCを一問音読する

と超具体的にハードル低く書く。

 

そうすると、

音読するっていうのは

体を動かしているだけなんですが、

いつの間にか頭も動いてくるわけなんですね。

 

そうすると、

リズムに乗って

せっかくだし、

もうちょいやるかー

と言って20問くらい解けていたりするわけです。

 

こうやって、

フロー状態や慣性の法則やハードル下げの法則を利用して、

どんどん自分の限界を突破していくと、

いつの間にか資産が積み上がっていって

自分の大きな目標が達成されていく。

っていうのが、

成功している人たちがやっていることなんだろうと

思います。

 

まあ、その恩恵をもっと小さくてもいいので、

使って達成していけたらなと思います。

これって、めっちゃ地味ですが、

こういう地味なことの威力を使っていくことが

ブレークスルーするために、

半端なく大事だなと感じます。

 

終わり。

—————————————————————————————————

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをしてました。

ですが、その後USCPAを取得したり転職活動をして

今では一部上場企業で決算などはやらずに複数のプロジェクトを回したり、海外出張にいきまくるなどしてます。

年収も1000万を超えました。

今後はファイナンススキルとプロジェクトマネジメントスキルを武器にして、

CFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 “Beyond The Finance” といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして、
ゲンタという名前で ブログをかいてます。

僕は大学卒業してからも プラプラとニートをかましてました。 いやー、ぶっちゃけバイト三昧でした。

ですが、バイトって稼ぐ効率悪くない?いちいち探すの面倒じゃね?と思い始め、 なんか楽そうだなーっという安易な理由で 経理を仕事にしました。

最初は超零細企業の経理職に なんとか潜り込みました。

その後、簿記1級を取得したり、 USCPAを取得したり、TOEICで900点を超えたりして、転職活動をしまくりました。

一部上場企業に転職して 最初は決算やら作業仕事をやっていましたが、すぐに作業地獄系の仕事に飽き飽きしました。 その後、複数のプロジェクトを回したり、 海外出張にいきまくるなどしていました。英語なんか全く喋れなかったのに、ビジネスで英語を使えるようになりました。 で、現在は海外でCFOをやっています。

年収も1000万を余裕で超えました。

今後は仕組み化スキルと マーケティングをベースにした管理会計スキルの2つを武器にして、上場企業のCFOになろうと日々色々と学び、行動しています。

このブログのコンセプトは、 "Beyond The Finance" といいます。

なんだそりゃってかんじですよね。

もうちょっと詳しくみてやろうかなと思う方はこちらから読んでください。

問い合わせはこちらから、なんでも気になることがあれば連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロフィールとブログの目的

キャリア個別相談募集〜転職先の会社がここでいいのか?今の現職にいてどうやってキャリアップして行けばいいか?資格の試験が受からない、どれを選ぶべきかわからないなど個別に相談にのりますよ

30代で思考型の経理マネージャーになるための戦略マップ

20代で経理キャリアに差をつけるための戦略マップ

僕の転職実体験と一部上場企業の経理採用面接官の体験から語っています

人生を加速させるための神ツール、ついでにマネジメント思考も鍛えられる

人生を変える日常習慣まとめ